blue

Mozilla Amazon Browser

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • January 27, 2006 11:38 AM
  • web

欧州市場では全体で20%のシェアを獲得したという「Firefox」だが──ただしこれは、家庭ユーザーの割合がもっとも高い日曜日に調査された数字で、留保が必要らしいが──、こちらはその Firefox(か、または Mozilla)でだけ見ることができるページの話。

今ひとつ使いにくいアマゾンの検索を、こんな風にすっきりとまとめたサイトがこちら医学都市伝説: アマゾンサーチ

と紹介する「医学都市伝説」経由で知ったが、それにしてもアマゾンの検索画面が「今ひとつ使いにくい」という意見はちょっと目から鱗だ。もはや一時代を築いてしまったその現象面(購買行動の面)での便利さを前に、欲望が遮断されていたとでも言おうか、あれはもうああしたものだとしか考えなかった。

で、この「Mozilla Amazon Search」ではアマゾンの検索画面をこのように(非Firefoxユーザーのためのスクリーンショット)仕立てて使うことができるのだったが、この操作性というかインターフェースをアマゾンオリジナルの検索画面と比較するのは少し酷だというのも、これ、その URL を見ればわかるように、そもそも HTML ではなくて XUL というもので作られているからだ。

XUL は XML を基礎としたユーザーインターフェース言語 (XML-based User-interface Language) で、そもそも Mozilla アプリケーション(Firefox も含まれる)のために作られたもの。つまり、Firefox のインターフェースそのものが XUL でできている。だから件の「Mozilla Amazon Search」は、「Webページ」というよりかは「機能拡張用のファイル」なのであり──それが「Webページ」のように URL を開くだけでウィンドウ内に展開するという目の前の出来事はそれにしてもすごいけれども──、じっさい、これはインストールして使う「機能拡張」としても用意されている

XUL は、他の XML 言語の利点すべてをもっています。例えば、XHTML や MathML、SVG などの XML 言語を、XUL に取り入れることが可能です。また、XUL は、簡単に、ローカライズできます。これは、他の言語に、簡単に、変換できるということです。ユーザーインターフェースの外見を変更するため、スタイルシートを適用することができます。XUL チュートリアル - 入門

とまあ、なんとなく解説めいた口をきいたけれども、じつは何もわかっちゃいない。すげえなあ、これどうなってんだよ。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/97

 

広告