blue

いまさらAdSense

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • May 1, 2008 2:42 AM
  • net | web

 「いまさらアドセンス」というとなにやら歌謡曲のタイトルめくから不思議だが、そういうわけで、いまさらながらGoogle AdSenseの広告をページに挿入してみたのだった。

 AdSenseのアカウントはもうずいぶん前に(数年前かな)取得してあったのだけれど、その当時はいまよりももっとパーツの選択肢(というかデザインカスタマイズの幅)がなかったためだったか、いや、もうよく理由を覚えていないのだけど、結局使わないまま今日まで来たのだった。先日、『不思議の国とアリス』のサイトにAdSenseを挿入する作業をし、で、その要領を掴んだところだったので自分のところにも入れてみる気になる。

 デザインカスタマイズは依然として(というかその「以前」をもうよく覚えてないけど)痒いところに手が届かない面があり、まあそれはしょうがないというか、一面では広告ツールとしての強いポリシーがそれらをユーザーに委ねるのを許さないってことがあるのかもしれないが、ひとつには文字サイズを自由にできない。大別して、大きめの文字が使われるパーツと小さめの文字が使われるパーツとがあり、大きめのほうだとページ本文の文字サイズよりも大きくなってしまうから嫌だというような場合、後者のパーツ(要は面積が小さいために小さめの文字が使われているパーツ)を選ぶしか方法はない。

 で、その「方法がない」ということをたしかめるべくいろいろネットを見て回るなかに、「5 Google Adsense Secrets, Tips and Tricks」と題した記事があって、Tipsのひとつが「1. Blend your ads. Adsense color and font size」とあるものだから「おっ」と期待してしまうのだったが、読めばわかるようにこの記事が説明しているのはまったく逆のことで、Adsense内に表示されるフォント/文字サイズに合うように(それと同等のフォント/文字サイズで)ページ本文を作ろう──そのことによってユーザーのクリックをより誘発することができるよ──ということなのだった。

 今回の私はじつを言って(とことわりを入れるほど簡単に儲けの出るものでもないわけだけど)、儲けのことはもとよりあまり考えておらず、そうではない部分でこのAdsenseが面白いのはつまり、Googleのロボットがうちのサイトの各ページたちをどのように読み取っているのか、どういうページだと認識/誤認識しているのかを見ることができるというそのことなわけだ(一応説明すれば、そのロボットの認識にしたがって「内容に見合っている」と自動判断された広告が表示される仕組みなわけですね)

 って、そうした楽しみ方も含めて「いまさら」なのだろうけど。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/333