blue

チェーンいとうせいこう

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • May 10, 2008 9:50 PM
  • activities

 というわけで以下はいとうせいこうさんの文章だが、これは引用ではなく、複〈声〉である。文責は、私(相馬称)であってもかまわない。


 ビルマ(ミャンマー)のサイクロンによる死者数は、10万人を越えると推測されている。

 ひと晩で10万人が死ぬということ。

 我々日本人も同じ規模の「ひと晩での死」を東京大空襲で、さらには原爆投下によって体験している。だから想像しなければならない。そこで今、何が起きているかを。

 とんでもない事態である。

 だが、ミャンマー軍事政権は救援のための入国を拒んでいる。

 愚か者が自らの権力にしがみついて、外からの勢力が入るのを極端に恐れているのだ。
 ここで民主化勢力が国内に拠点を作ることを避けるため、彼ら軍事政権は人民の地獄をかたくなに無視している。

 愚かな。なんと愚かな殺人者だろうか。ミャンマー軍事政権に巣くう人間どもは。

 その間にも真水が飲めずに死んでいく者、伝染病で死ぬ者、二次被害で大海に流されて行ってしまう者がいる。死者の数はこれからも増えていく。

 なのに、愚かなミャンマー軍事政権は国民投票をやめようとしない。
 野党勢力が参加出来ない投票をして、政権を国民が認めたことにしようとしている。

 誰が今、投票などするのか!?
 死者の山を前にして、何をしているんだ!?

 人間を馬鹿にするな。
 死者も生者も、ともに馬鹿にするな。

 ミャンマー軍事政権の連中だって、いつか死ぬんだ。
 権力をあの世に持っていける人間はいないんだ。

 だったら、これ以上殺すな。

 俺は日本政府に呼びかける。

 ミャンマー軍事政権に、救援者の入国を認めさせるよう、一刻も早く圧力をかけなければならない。

 そして、ミャンマー軍事政権にはこう呼びかける。

 LET US IN!
 TO SAVE YOUR PEOPLE,MYANMAR!

 けれど、どんなに軍事政権が愚かでも、人道的支援の手をゆるめることは出来ない。
 したがって、一方で俺たちはユニセフ支援を続けるべきである。

 だから、今日も書く。

 SAVE BURMA!

 上記の一行を、どうかリンクつきであらゆる場所に貼り付けてください。
 あるいはこの文章すべてを。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/341

 

広告