blue

タグ「サッカー」を含む

2008.11.27

何も共有していない者たちの共同体

...シュだ。『ブラジルのホモ・ルーデンス──サッカー批評原論』(月曜社)がアマゾンから届く。...ボールの新世紀』以来ひさびさのまとまったサッカー批評であり、一連の新刊のなかではじつをい...

2007.07.24

がっぱり

...ide Of Life」をBGMに使ったサッカーの映像集のことを書いた。すると、たぶん知...こと]で知ったこの動画が面白くて、で僕はサッカーは全然詳しくないし意識的にリアルタイムで...

2007.07.22

いまごろ妻はクリアしているかもしれない

...にはすぐにその映像がアップされていたのでサッカー関連のものをいくつか観たが、この映像に少...

2006.07.10

『いま』を愛することはやっぱりむずかしい

...「反逆児ジダンの頭突きを支持! 21世紀サッカーのために」というブログ記事を目にする。今...ンクを張りつつ、筆者はまさに「今福調」のサッカー批評を展開する。以下はその途中から。...義的なイデオロギーに対する反逆、そして、サッカーが本来持つ美しさや快楽を抑圧し、「負けな...にある帝国主いこと」を至上価値とする近代サッカーの横行への反逆があった。そして、そのまま...英雄最後の勇姿」として称賛を浴び、栄光のサッカー人生に輝かしく幕を下ろすことができたはず...

2006.07.02

ブラジル敗退

私のワールドカップが終わった。わが家はかなりうなだれている。われわれが愛すべきは「いま」なのだから、その意味で結果は問題ではないが、しかしこの試合で、ブラジルはどれだけ「いま」とともにあっただろうか。NHKのアナウンサーが仕立て上げる「物語」に毒されていたのは単に私のほうなのかもしれないが、しかし選手たちも(ロナウジーニョでさえも)またどこか、「8年前の決勝で敗れたフランスへのリベンジ」というまっ...

2006.06.28

オフサイドも知らないくせに

...ではなく、ましてや「過程」でもなく、私がサッカーで愛したいのは「いま」である。時の流れ、...ルドカップのこの時期、今福さんはどこかにサッカー批評的な文章を書いていないのかな。それが...この、サッカーに向けたささやかな言葉の連なりのなかで、...「愛」についてだけ語ろうと思う。それは、サッカーにたいする素朴で官能的な愛であり、つまり...」にたいする畏れと憧れに満ちた愛である。サッカーをなにかのために利用するのでも、サッカーによってなにかを忘れ去るためでもない。た...

2006.06.22

寝てしまった

ブラジル—日本戦は見たいと思っていたが寝てしまった。「4−1」だったそうで。強かったんだろうなあ、ブラジル。見たかった。 こないだのクロアチア戦のあとに行われたブラジル—オーストラリア戦を見て、はじめて、セゾンの広告以外でロナウジーニョという人をちゃんと見たのだけど、よかったなあ、あの人は。体型がいい。ああいうのを何て言うんだっけ、「寸胴」という言い方は指すところがちがうのかな、とにかくかっ...

1