blue

タグ「レヴィ=ストロース」を含む

2016.10.19

そうか、抑圧ってそういうことか

...場から〈二元論〉を批判するのが構造主義(レヴィ=ストロースや小田亮のそれ)である。その違いについて...

2012.11.26

想像のスタイル、あるいは約束の日記

...非真正な社会=まがいものの社会」(これはレヴィ=ストロースの用語)──を廃せばいいということではな...

2011.12.12

Diarist A Go Go, Part 2

...思い浮かべるのは、レヴィ=ストロースによる「構造」の定義として知られたつぎの...クロード・レヴィ=ストロース「構造主義再考」『構造・神話・労働』... レヴィ=ストロース自身が注釈を入れるように、この定義におい...

2009.10.23

小田亮先生に会いに。あるいはフラクタルな感動の瞬間

... 「真正性の水準」とは、レヴィ=ストロース自身のことばによれば、「3万人の人間は、...ブログのいくつかの記事、去年『思想』誌のレヴィ=ストロース特集号に掲載された論文「『真正性の水準』...

2009.07.27

本から/ミイのいた場所/タスポと暮らす/本へ

... 『パロール・ドネ』(著:クロード・レヴィ=ストロース/訳:中沢新一/講談社選書メチエ)...た発言でもそうだったが、小田亮さん経由でレヴィ=ストロースを学んだわれら「構造主義者」にとって、ど...命》の項に確実に含まれるただ一人の思想家レヴィ=ストロース。その構造人類学の地下には、ポスト構造主...レヴィ=ストロースにおける合理性は、西欧近代の合理性を逃れ...

2009.06.17

なぜ、ですます?

...いう概念のことを思わずにはいられません。レヴィ=ストロースの言う「構造」は、一般に誤解されているよ... そのような変換の操作を介して、レヴィ=ストロースの研究があきらかにするのは、人類は誕生以... レヴィ=ストロースが長年の研究を通じて伝えているのは、人類...に、形式化によって明らかにしたところに、レヴィ=ストロースの天才があったのですが。...[日記] 祝クロード・レヴィ=ストロース100歳の誕生日...

2009.06.07

次の五年へ

...んは指摘し、それを聞いていて、もちろん、レヴィ=ストロースによる「真正性の水準」の話──われわれは...

2008.12.10

関係の過剰性はどこに生じるのか──共同体の真正性とビデオコメントの可能性

...、および『思想』(2008年第12号)のレヴィ=ストロース特集に載った同じく小田さんの論文「『真正...なかたちになるが、「真正性の水準」というレヴィ=ストロースの提唱したこの用語は、彼の手になるその他... 話を戻してレヴィ=ストロースにおいては、この「真正性」の尺度は〈社会... レヴィ=ストロースは、『構造人類学』に収められた論文「社会... レヴィ=ストロースは、そのような区別は、文字やメディアの発...

2008.12.02

句会の報告っす

... これはレヴィ=ストロース100歳おめでとうの意も込めたオマージュ...」のかわりに「大地」を用いたのは、これもレヴィ=ストロースの言葉である「神話の輪舞の描く大地は円い...

2008.11.28

私もレヴィ=ストロースの100歳を祝いたい

...、ともあれきょう11月28日はクロード・レヴィ=ストロースの100歳の誕生日だ。『レヴィ=ストロース入門』(ちくま新書)の著作もある小田亮さ...時間の話だけどんがブログに「祝クロード・レヴィ=ストロース100歳の誕生日」という記事を更新してい...

2008.11.27

何も共有していない者たちの共同体

...すが、11月25日に刊行される『思想』のレヴィ=ストロース特集に寄せた論文(「真正性の水準について...

2008.11.26

句会近づく

...書店が出している雑誌『思想』の12月号はレヴィ=ストロース特集である。小田亮さんがそこに「真正性の...

2008.11.25

この冬の入口に

...ったかと見て歩くと、人文系の棚の一角に「レヴィ=ストロース生誕100年」という特設コーナーができて...か、つまりその目出度さが特異であるのは、レヴィ=ストロースが存命であるからだ。1908年11月28...を禁じ得ないという日生まれであるところのレヴィ=ストロースは、満百歳の誕生日をこの円い大地のどこか...クロード・レヴィ=ストロース、今福龍太『サンパウロへのサウダージ』(...招かれてブラジルの地に降り立った27歳のレヴィ=ストロースが、ライカを手にサンパウロの街を歩くなか...

2008.07.09

ブリコラージュとしての「あきすとぜねこ」──チェリーブロッサムハイスクールによせて

...「とても好き/好き/…」のほうは(これもレヴィ=ストロースの言葉にすれば)〈エンジニアの仕事〉にな... レヴィ=ストロースは、具体の科学としての神話的思考を「ブリ...ることを主張しつづけるのである。小田亮『レヴィ=ストロース入門』(ちくま新書)、p.135-139...

2008.06.20

遠くで逝くひと

...にさえなっている。目に飛び込んでくるのはレヴィ=ストロースの次の言葉だ。...

1