blue

タグ「冨永昌敬」を含む

2016.09.14

書けば書けるもので

...東中野で冨永昌敬監督の『マンガをはみだした男 赤塚不二夫...

2016.09.13

『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』を観る

...夜、ポレポレ東中野で冨永昌敬監督のドキュメンタリー『マンガをはみだし...

2009.10.17

『パンドラの匣』を観る

...と、その足で新宿へ出た。テアトル新宿で、冨永昌敬監督の新作『パンドラの匣』。...

2009.06.19

『シャーリーの好色人生と転落人生』@大阪・福岡

大阪・シネヌーヴォX (6/27〜7/3) <昼間2回興行> 連日:14:20(~16:10終) / 16:30 (~18:20終) 一般1500円、学生・シニア・会員1000円、前売券1200円 » くわしくは劇場の公式サイトへ 大阪・PLANET+1 (7/3〜7/10) <レイトショー> 7月4日は冨永、佐藤両監督が来場予定。 » くわしくは劇場の公式サイト...

2009.06.18

デュシャン!

...、示したね、おれは。うへへ(©冨永昌敬)。...

2009.04.29

町内会とラストソングス

きのう付の日記「Mac Proは復活した」に書いた作業の後半部分を午後まで。しかし直ってみるとMac Proはやっぱり快適だ。8GB積んでるしな、メモリ。真新しいハードディスクと入れたてのOSが心なしか小気味よい。250GB→1.5TBはちょっと増えすぎである。Time Machineもバックアップ先が内蔵ディスクだと話早くてとてもいいのだった。 夜は町内会の集まりに出る。前にも書いたが、持ち...

2009.04.24

シャーリー三回目、上映最終日

『シャーリーの好色人生と転落人生』三回目は池袋シネマ・ロサでの上映最終日。20人ほどの立ち見が出る盛況。最後列のいちばん端で(でも座って)観る。 まあその『シャーリー』読解とか言ってなんだかんだ書いてましたけど、ぜんぜんですねわたし。ぜんぜん読み解けてない。というかやっぱり、観れば作品は圧倒的なわけです。たまさかわたしの書いたものを「前知識」として仕込んで劇場に行かれた方が万が一にもあったとし...

2009.04.22

われわれもまた全知ではないのだし

『シャーリーの転落人生』におけるもっとも重要なシーンをひとつ挙げろと言われれば──まあまず言われないとは思うものの、もし言われたとすればですね──、わたしは迷わず、あのシーンを挙げるだろう。台本(ミニコミ誌『spotted701』と限定セット販売されていたもの)で言うところのシーン「33」、喫茶店の外で小下田守が高見と携帯電話でしゃべり、そののちまた波子のいる店内に戻るシーンである。このシーンが...

2009.04.11

『シャーリーの好色人生と転落人生』を観る

...夜、池袋のシネマ・ロサへ。佐藤央・冨永昌敬両監督の『シャーリーの好色人生と転落人生...

2009.04.08

好色唄合戦と転落音図かん

...』(佐藤央監督、44分)と『転落人生』(冨永昌敬監督、66分)との2本立て上映というかた...POTTED701 / VOL.9』の「冨永昌敬 × 佐藤央 インタビュー」より冨永君の...

2004.11.05

遭遇

...きのうは笠木さんの日記に登場していた冨永昌敬監督だが、今日は私の日記に登場する。深夜...

2004.07.29

冨永監督に遭遇する

会社帰り、終電一本前の四ツ谷駅のホームに降りるとそこに見覚えのある佇まいがあって、あ、あのタオルを首に巻いているのはもしやと思ってみるとやはり冨永さん(『be found dead』第4話監督。監督作『亀虫』のDVDは好評発売中、アマゾンで買えます)だった。 声をかけたら驚かれた。冨永さんも仕事(バイト)帰りだという。新宿へ向かう電車のなかで少し話す。で、冨永さんは新宿で降りていったが、直前...

1