blue

タグ「大場みなみ」を含む

2017.02.20

鰤には不意をつかれた

うわっ。これ気づいてなかった。村川拓也君──いや、「君」ていうほど知ってもいないんだけどさ──の『 Fools speak while wise men listen』。東京では 3月4日、5日の二日間、3ステージのみ。早稲田小劇場どらま館。そのあとに京都公演もある。詳しくは公式サイトを参照ください。 うーん。面白そうだよなあ。ていうかきっと面白いよなあ。村川君だもんなあ。 さて、本日は反省...

2017.02.03

ギフトの仕組み / もう一度はじめから

iTunesのギフト(「このアルバムを贈る」ってやつ)を利用した。利用したことは以前にもあるが、今回は日付を指定しての予約機能を使った。贈り先の指定はメールアドレスで、贈られた相手にはダウンロードを案内するメールがアップルから届くのだが、そのメールの送信日を指定するかたちだ。指定できるのは日付のみ(最大 90日先まで)で、時刻についての設定はない。はじめは「 0時に送信されるんだろう」と機械的...

2017.02.01

平地の奴らがうるせえーよ。

2月である。 去年、11月の末に SIMフリーの iPhone 7 Plusを買い、12月8日から回線を OCN モバイル ONEに切り替えた。そして 10GB/月(期間限定の増量キャンペーンが加わって都合 11GB/月)のコースを選び、見事に余らせたのである。余った分は翌月にだけ繰り越される仕組みで、だから 17GB/月ぐらいあった 1月はけっきょく繰り越し分を使い切ることさえかなわずに終...

2017.01.20

ゾミア、ミステリ、むかしのページと全豪

ツイッター(読むほう)に徐々に復帰中。ここ数日のそれをざーっと拾っていて、大場(みなみ)さんのこのツイートに突き当たる。 国とか国家について教えてくれるような本、おすすめありませんか。知りたいよう。わたしは国になりたい。 2017年1月13日 1:35  すぐに思いつく、たとえばベネディクト・アンダーソンの『想像の共同体』なんかは求められているところとちょっとちがうのかなあ──などと思いつ...

2015.04.03

大場さんに会う

夜、大場(みなみ)さんに会う。 いざとなればケータイでどうとでもなるという甘えに支えられたじつにイマドキなナニで、待ち合わせ場所は「新宿」だ。 19時半に、それぞれの思い描く「新宿」に集まろう。 やりとりはずっと LINEだったのだけど、時間と場所を相談する二日ほど前の会話のなかで上のように送り、案の定、ツッコまれることもなく「わかりました」と返事が来たままきょうを迎えた。定刻どおりに、わ...

2014.02.18

謎ですよ、と大場さんはいう

夜、新宿で大場(みなみ)さんと軽く飲む。「お茶でも」という話だったがけっきょくお酒になった。ビールの安さを謳う立て看板に促されて居酒屋へ。 実のある話はとくになし。「あけましておめでとうございます」とか。いや、さすがにそれだけじゃなかった気がする。もう少ししゃべった。夕方に更新した「ドキュメント・足止め」をはやばやと読んでくれたらしく、なぜそう依怙地か、なぜもっと早く外へ出ないのか、なぜ奥さん...

2014.02.03

誕生日がふたつと音楽がいくつか

@obami23のツイッターアカウントでも知られるとおり、2月3日は大場(みなみ)さんの誕生日だ[※1]。 ※1:アカウントでも知られるとおり〜誕生日だ ところでわたしのアカウントは @soma1104で、そこからわたしの誕生日を 11月4日だと思われているかたもなかにはあるかもしれないが、この「 1104」は日付ではなく「ヒトシ」の語呂合わせである。ご期待に添えずあいすまない。なお、誕生日...

2012.12.10

旅する乳頭

11:17 合掌。 13:30 ドトールでコーヒー一杯分、考える。 朝、小沢昭一さんの訃報が飛び込んでくる。逝ってしまったその芸についてのいくつかのツイートに居ずまいを正され、ドトールでコーヒー一杯分、静かに考えた。 押切伸一さんのツイートで知った『競輪上人行状記』(西村昭五郎監督/1963年/日活)は、なんと、たまさかいま開催中の「日活映画の100年 日本映画の100年」という企画にま...

2012.12.09

エコ爆弾・完全版

13:29 京都からキセルが戻ってきた。 22:37 労作。小選挙区別に候補者単位の比較もできる。 RT @tanji_y: これは本当に使っていただきたいと思うので定期ポスト。財政や憲法など選挙の論点・政策ごとに政党・候補者の姿勢を可視化しました。東大・谷口研究室と朝日新聞の共同調査です。 http://t.co/2Dcy3EjO 22:42 こちらも労作。「自民党憲法草案の条文解説」。 ht...

2012.12.06

仮にもしそうだとすれば

16:31 日記を更新。25日付「アメリカンを飲みながら」。 http://t.co/Zz4Z4dr3 17:04 いま、妻からテキストメッセージで、「今夜のとんねるずは飯尾家に泊まろうだよ!」という速報が飛んできたことについての速報です。 18:34 そうだ、寒くなるんだった今夜は。 ちなみにきのうの正解(?)は「ショーペンハウアー」。 帰宅したわたしへの報告で、「まあ、『家に泊まろう...

2012.12.01

七人の女たち

22:46 Checked-in at バンコク屋台料理 カオマンガイ 立川店 23:16 日記を更新。20日付「自民党はバカなのではないかという懸念、されど」。 http://t.co/MqVcNRKX 新宿ピカデリーで上映開始が朝 8時半という回があるのを見つけ、起きられたら明日はまず新宿へ向かい、『スカイフォール』を観ようと思うと前夜には妻に告げ、「じゃあ、そういうことで」と布団に入...

2012.11.25

アメリカンを飲みながら

きのうの小笠原(悠紀)につづき、きょうは夕方、大場(みなみ)さんに会う。新宿の「珈琲西武」。ひょっとすると人生ではじめて注文したかもしれない「アメリカン」を飲む。アメリカンは薄いぶん(?)量が多かった。そういうものなのでしょうか、アメリカンてやつは。 写真、というか絵は、大場さんがこないだ夢のなかで乗ったという乗り物だ。とても楽しかったらしい。前後に二人乗りができ、夢では小笠原を後ろに乗...

2012.11.22

相馬の好み

八代亜紀、含み綿のやや受け口ですよ。 と、夜、iPhone に不意のメッセージが飛んできた。ちょうどべつの人物とテキストメッセージのやりとりをしていたところだったので咄嗟に「うるさいよ。」と返してから、一拍おき、「でもまあ、そうか。」とわたしは態度を軟化させる。 なぜおもむろに八代亜紀だったのかについては翌日になって新聞のテレビ欄を見、そうかこれかと知ったが、どうやら、テレビ東京の「木曜8時の...

2012.11.18

26歳になる

誕生日だ。毎度書いているけど高校同級の上山(英夫)君も同じ誕生日。おめでとう、ありがとう。 夕方、池袋へ。ヒッピー部『あたまのうしろ』二回目。ほかにいくつも行動の幅はあったろうものの、どうやら大場(みなみ)さんが元気になったらしいので、よかったねと、ただそれだけを言いにかけつける。石原(裕也)君が来ていた。 公演は楽日。石原君といっしょに打ち上げにも顔を出すことになり、でもまだ皆は後片付けが...

2012.11.16

劇的な恢復

というわけで、また明け方まで仕事をしつつ、前夜、〈ただの病人〉をして、けっこう負担のかかりそうなくだらないやりとりに付き合わせてしまったことを、ふとわれに返って反省しないわけではないわたしだ。「まさか悪化してねーだろな!」と、朝、メッセージを送っておく。 それにたいし、「劇的な回復を見せてるよこら! あと鏡みたら口の上にちょっと生えてたんだよ、ヒゲ!」と返信があったのが昼前。まあ、やりとりがや...

2012.11.15

ヒッピー部、あるいはヒゲのあるなし

また前日から夜通しで仕事をしていた。 2:07 今夜はこれから。 5:57 ん!? パターンがわかったかも? 23:02 今夜もこれから。  きょうつぶやいたのはこれだけ。  ちなみに「パターンがわかった」云々は、制作中のとある Flash ゲームにかんするデバッグ作業の話で、こうして夜通しで何かしているのもおもにその Flash ゲームの仕事のためである。 それで夜更けだったか、明け...

2012.11.14

あることないこと

というわけでこれ、14日付の日記をいまわたしは書いているのだけれど、その〈書いている現在〉でいえばいまは 19日で、きのう 18日には 37歳の誕生日もすませ、ついてはたくさん「おめでとう」の声もかけられたし、他方、ここひと月余りずっとそれに振り回されてきた仕事にいよいよかたが付いたこともあれば、あとまあ何しろ大場(みなみ)さんの胃腸炎が治ったことにはほっとさせられたわけで、だから、わたしはいま...

2012.11.13

百年と三日間

手にしている『漫才・マンザイ・MANZAI』は 1981年の本だ。兄が捨てていなければ実家にも同じものがあるはずである。実家のそれは三兄弟のうちの誰が買った(買ってもらった)ものだか、これについてはまったく記憶もなければ判断もつかない。発行年(わたしは 6歳だ)からいけば「お下がり」と考えるのが妥当だが、案外「おめえだよ」と言われそうな気がしないでもない。ともかく子供のころによく読んでいた本...

2012.10.30

小笠原のためのアプリ

小笠原(悠紀)は犬が嫌いだ。あー、「嫌い」というのとはちょっとちがうのかな。「好き/嫌い」にかんしてはメーターがいっさい振れないまったくの「ゼロ」で、とにかく「怖い」──幼少期に何かトラウマがあるらしい──というのが説明としてはより正しいのかもしれない。ちなみに小笠原は猫にたいしても「ゼロ」。いっぽうでゴキブリを含む虫全般はおしなべて平気なようだ(これもまた「ゼロ」ということなのかもしれないが)...

2012.10.29

そうしてわたしは iPad mini の誘惑を断ち切った

しかしこの調子でもって、はたしてわたしは F/T に行けるのか。もうはじまっちゃってるしなあ。 週末も仕事に追われるサイクルがまだしばらくはつづきそうな気配だし、あと、週末といえばいま、しなければならないのは掃除だ。家の者にたいし、「グーチョキパーズが終わったら片付けるから」とずっと言い逃れつづけてきたわたしは、いよいよ先々週あたりから地道に、いちど荒廃しきったリビングに立ち向かっている。リビ...

2