blue

タグ「映画」を含む

2011.05.03

曇りのち雨

...映画の『君に届け』(熊澤尚人監督、2010年...

2009.10.17

『パンドラの匣』を観る

...パンドラの匣』は、その改変によってこそ「映画になる」のだということである。...「つくし」とはべつの人物なわけだけれど、映画においては「君=つくし」であるというふう...に編まれていて、竹さんが嫁ぐ相手も原作と映画では異なるのだけれど、それ、見事な「映画化」だなあというふうに思ったのである。...はきわめて小説的なそれであるように思え、映画(いかにひばりの書簡をナレーションとして...と思う)が、その構造をたもったままじつに映画的な〈枠〉へと変換されているのだ。...

2009.06.14

高橋明大監督の『最後の怪獣』を堪能

...が出るまでのところなんか、それこそ〈娯楽映画〉としても完璧じゃないかと思わせるような...バスの音色を想起させるのだ!、しかし映画は、ほとんど肩すかしを食わさんばかりのリ...だけど)。(鈴木)将一朗の笑顔なしにこの映画のラストはありえなかったし、笠木(泉)さ...

2009.06.12

高橋明大監督の『ある光』を観る

...〈或る/在る光〉を観たって、つまり〈映画〉を観たってことと同義だなあというふうに...ろん、「任意の希望」をテーマとするような映画が、たとえばラストシーンにおいて何か「こ...たひとつの、大きな希望を放棄したこの映画が、しかしたえず画面に小さな希望を振動さ...うした答えの有無とはまったく無縁に、この映画自体がまず「希望をもって撮られている」と...とはいっても、この映画が、映画としてのある種の〈興奮〉から無縁であると...

2009.06.11

松倉如子のニューアルバム『パンパラハラッパ』はどうだ

... これはぜひ、14日の夜は電車代と映画代(当日料金は1,000円)とアルバム代...

2009.06.02

ロビンの帰還

...ともに同じ池袋シネマ・ロサにておのおのの映画祭の特集上映が組まれたため、中一日で立て...「知ってる人しか出てこない」というような映画なのだが、しかしわたし、まだどちらも観て...

2009.05.28

その川面に

...けれど映画は終わらず、まだか、まだあるのかというほ...たとき、阿部和重さんがあの川面を指して「映画としての自己言及的な試み」と呼んだ、その...こに日光が反映してキラッと光る。この川は映画のフィルムそのものなんだと思いついて、そ...に行き着くわけです。フィルムというのは、映画にとっての肉体であって、それが光を受け止...

2009.05.27

『グラン・トリノ』二回目/CLUB DICTIONARY#3

...ですから、さきほどの映画の記憶という点から言えば、これほど楽しめ...本来はそういうこと[=映画の記憶/引用者註]は大学という場できちん...

2009.05.25

その後/『グラン・トリノ』

...たく用をなさないそのことこそが、この映画の〈奇蹟〉を物語っているだろう。つい思い...れても、僕も説明できない。要するにあれが映画なんだよね。映画になっているところなんだよ。何がどうして...うのではなくてね、あすこでもって「完全に映画になった」んだよね。いろんなものが一緒く...

2009.05.16

ショット/切り返しショット化

...青山真治さんによるトークイベント「運動と映画『闘争のアサンブレア』をめぐって」 ...そうした話に至ったのは、思い出したが、映画批評誌『nobody』(29号、2009...

2009.04.24

シャーリー三回目、上映最終日

...いる役者さんの方言がむちゃくちゃだけど、映画はそんなことでは揺るぎもしない。...映画の登場人物はすべからく痴漢/痴女であるべ...人物」のことで、そうした人物を多く配した映画はおのずとスピード感を生み、90分という...う欲望のスピード感をかつての撮影所時代の映画は持っていたわけで(2本立てを前提にジャ...られるのだと冨永監督は述べる。そういンル映画が量産されていた時代)、撮影所の崩壊以降...

2009.04.22

われわれもまた全知ではないのだし

...初見であっても)すべてのシーンがそのとき映画のなかに解き放たれて輝くのを観る。ウミネ...愛していることに気づかされる。もう(この映画は)だいじょうぶだという安堵とワクワクが...

2009.04.20

いけない女になりそうです。まる。

...ほぼ土地の名に等しいと言えるような何かは映画のそこかしこに刻まれていて当然なわけで、...『シャーリー』読解はまだもう少しつづく。映画はいよいよ24日まで。わたしはおそらくそ...

2009.04.19

シャーリー二回目

...は『5』だし、すると『3』はなんだろう、映画とは関係なく、太宰治ファンであるという冨...

2009.04.18

『シャーリーの好色人生と転落人生』予告編 Ver.2

... で、映画には関係ないがYouTubeをブログ等に...

2009.04.11

『シャーリーの好色人生と転落人生』を観る

...設計された二本であるから、じっしつ一本の映画に近いものでもある。『好色人生』の終了後...当たり的な撮り足しという、それら自主制作映画のある種の「贅沢さ」と有機的にむすびつく...の、そう書くとなにやら〈理知にまさった〉映画であるかのようだが、けっしてそんなことも...

2009.04.08

好色唄合戦と転落音図かん

...ムに沈めて、そして、まもなく産声をあげる映画のその誕生をたしかに予祝していたという幸...映画『シャーリーの好色人生と転落人生』は、1...思うに低予算映画の興行というのは、その作品の内容ばかりか...あることが宿命づけられているわけで、いい映画を撮りさえすれば自動的にお客さんが来てく...われたきょうのトークのなかでは、「一本の映画の前半と後半をそれぞれべつの監督が撮った...

2009.04.01

春の嵐

... 高山(玲子)さんの新作映画の上映会へ。新作『Pimple Trav...

2009.03.03

シルビアのいる街で

...いつかなかったりもするものの、まあ、この映画においてはたいした問題ではない。ややつま...すぐに適当な説明が見つからないし、適切な映画的知識もないんだけど、いわば〈なにひとつ...のかについては、ちょっと起こらない〉この映画が、けれど(/だからこそ)すこぶる面白い...

2009.03.02

シルビアが来た

...督『シルビアのいる街で』は去年の東京国際映画祭で上映され、その折り、蓮實重彦さんによ...

2