blue
PAGE [ 1  /  2  / ALL ]

今週のカトゥーン

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • April 28, 2006 1:17 PM
  • manga | news

 デビューと同時に人気絶頂のグループKAT−TUN(カトゥーン)の亀梨和也(20)が女優小泉今日子(40)と交際していることが26日、分かった。27日発売の写真誌フライデーが報じている。亀梨が小泉の自宅マンションに出入りし、車を共用する姿などが目撃されている。亀梨は「芸能界の大先輩として小泉さんはおしゃれでかっこいいと尊敬している」と語っている。交際の行方が注目される。asahi.com:20歳差愛!亀梨和也20歳&小泉今日子40歳 - 文化芸能

060428_cartoon.png

「風車」「老人ホーム」の地図記号が公募で決定

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • January 27, 2006 12:11 PM
  • kaasan | net | news

060127_mapsymbol.png

国土地理院の1月25日付プレスリリースによれば、同院が昨年、全国の小中学生から募集していた「風力発電用風車」と「老人ホーム」の新しい地図記号について、このほどそのデザインが決定しましたスラッシュドット ジャパン | 「風車」と「老人ホーム」の新しい地図記号が決まる

図1がその新しく決まった「風車」、図2が「老人ホーム」である。触発されて私も考えてみたが、図3はおそらく「植草甚一宅」を示すことになるだろう。

... 続きあります »

『資本論も読む』刊行記念サイン会開催【今週末は大阪へ急げ】

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • January 12, 2006 5:44 PM
  • book | news

060111_marx.jpg

宮沢章夫さんの新刊『『資本論』も読む』の担当編集者である竹村さんは「自主リーディングの会」をつうじた知り合いなのだが、その竹村さんからは今週末に大阪・京都で行われるサイン会に関して重ねてメールをもらっており、「もし関西在住で宮沢さんのファンの方などいらっしゃれば、ぜひお声をかけていただけますでしょうか」とのことなのだったが、思いつく唯一の関西在住者・上山君はすでに京都のほうの整理券を手に入れているらしいから、するともうほかに関西在住の知り合いはおらず、私にできるのはここで告知するぐらいのことだ。

去年の暮れに京都の大垣書店で本を買い、整理券をもとめた上山君が、

発売から一週間以上も経っているのに整理券は残っているのかという私の心配をよそに、配られた番号はまだ11番だった。京都の皆さん、遅いですよ。4−2−3−1(2005年12月25日付の日記)

とそのときの日記に書いていたのが思い起こされるが、まあとにかく、整理券にはまだまだ余裕があるらしい。いかがでしょうか、関西在住の宮沢章夫ファンのみなさん、いまからでも間に合うようですよ(とくに大阪、なのかな?)。

で、サイン会の概要は以下のとおり。

... 続きあります »

三語楼が六代目柳家小さん襲名へ、だそうで

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • October 25, 2005 12:31 PM
  • kaasan | news

私はいまさら聞き及んだ次第ですが、世間には今年6月に出回っていたニュースのようです。ああそうですか。うーん。小三治を推す声もあったが本人が固辞、とのこと。

 2002年に亡くなった5代目・柳家小さん(享年87歳)の長男・三語楼が来年9月に襲名する。兄弟子の小三治は「(三語楼は)以前は私の目ン中に入らなかったけれど、ここ3、4年、(芸で)急に存在感を現した。(5代目の)せがれだから継ぐんじゃない。今の柳家の中でだれが継ぐかと考えたら、三語楼になった」と大名跡の復活の理由を説明した。

 三語楼は6月に入り、襲名への意欲を持ち、自ら、一門の馬風に相談した。馬風と小三治が、名跡を管理している小さんの長女で三語楼の姉にあたる小林喜美子さんのもとに行き、快諾を得た。 報知新聞の Google キャッシュより。※キャッシュの HTML に問題があるらしく Firefox では表示されません。

「ここ3、4年、急に存在感を現した」と小三治が評しているところの最近の高座は知らないので、まあ、何とも言えません。コメントは差し控えたいと思います。先代小さん存命の当時に寄席や落語会で数回出会ったことのある三語楼に関しては、ほんとうに退屈な印象しかありませんけれども。

ともかくこうなったら(?)ですね、古今亭にはどっしり構えてもらいたいところですね。「志ん生」「志ん朝」はもう当分寝かせときましょう。余裕、余裕。あ、うーんと、「志ん五→志ん生」だったら当方いつでも文句はありませんが。

「談話室滝沢」閉店

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • March 1, 2005 12:38 PM
  • net | news

談話室滝沢

最初に目にしたのはどこのブログの記事だったか、そこではすべてが伝聞による情報でしかなく、これもまた〈都市伝説〉めいた噂のひとつではないかと疑いたくもなって、しかしそれをたしかめるのに実際に新宿等に出掛けている余裕もないので結局さらにネット上を歩き回ることになったが、「実際に店舗に行ってたしかめてきた」という行動派の記事を複数件見つけることとなってどうやらほんとうらしいと思わざるをえなくなったのは、「『談話室滝沢』が3月31日をもって全店舗閉店」というニュースだ。いや、また記事にするのが遅くなって、毎度鮮度の低い話題──これがブログ界隈で話題になっていたのはだいたい2月上旬から中旬ぐらいの話である──で申し訳ないが。

... 続きあります »

PAGE [ 1  /  2  / ALL ]
 

広告