6
Jun.
2004
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 6 Jun. 2004 (Sun.) 「乾杯」

朝、日記を書く私。そんなものを撮ってどうする。

朝6時、直前にPさんに起こしてもらって寺の鐘を撞く。午前中の法事のために本堂の縁側を雑巾掛けし、ポット3つ分のお湯を沸かす。PowerBook で日記を書く。ところで兄が買い換えた新しい PowerBook は、昨夜それを腕にのせて操作しているところを見、はじめて知ったが、17インチのやつなのだった。でかい。
本宅で朝食をとり、それから兄の家に向かう。「プレ合宿」のつづき。予定どおり永澤は朝9時ごろに到着していた。入れ替わりに荒川が、何だかの資格試験があるとかでいったん栃木に戻った。それでまた試験終了後にとって返すという。ここにもまたよくわからない情熱にとりつかれた男がいた。
まだ見ていない永澤に見せるかたちで昨日のビデオをもう一度再生しながら、各曲ごとに誰が何を担当するか決めていく。で、ようやくコント部分も相談。結局事前に完成した台本を用意できなかったので、曲順が変わってつながらなくなったネタの修正など、その場で決め、「こうしようか」と口頭で伝える。修正前の台本を使って読み合わせ。来週末、できたらコントチームだけでも集まって練習しようということになり、きちんとした完成台本はそのときに渡すことにする。
みな役者ではないし、私を含めうまいやつはひとりもいないが、それ向きの台本にして最大限面白くなればと思う。というか、永澤はとにかくふつうに演ってくれさえすればそれでかなり面白いはずだ。
午後4時すぎに一同解散、下館をあとにする。しかし私はもうかなりふらふらである。山梨に帰る永澤が通り道だというので荻窪の家まで送ってくれることになったのはほんとうに助かった。3時間ほどの車中、ずっと寝る。それでだいぶ回復。
家に着いてまず1時間ほど「be found dead」関係の作業。小道具づくり。というのは、オムニバスのうちの1本に小道具としてエロ本が出てくるのだが、大写しになったりもする予定で、さすがに「あり物」をそのまま使うのはまずく、表紙を加工することになる。で、「あり物」の雑誌をスキャンし、そのデータを Photoshop でいじって、モデルの女性の顔を身内の女優さんのそれにすげ替える。そこまではおとといの晩に済ませておいたので、あとは雑誌のタイトルを少し変える作業だ。
作業を終え、Pさんといっしょにふたたび家を出る。Pさんには新宿TSUTAYAと吉祥寺DORAMAにそれぞれレンタルビデオを返しに行ってもらい、私は四ツ谷へ。キンコーズ四ツ谷店に行き、加工した表紙データを出力する。終わって西荻窪で落ち合い、タイ料理「ティーヌン」で食事。
ところで「合宿」でのわれわれの出し物だが、そのタイトルは「乾杯」である。披露宴の定番として知られる長渕剛の同名のヒット曲をもとに、換骨奪胎、歌あり笑いありの一大アドベンチャーミュージカルに仕立て上げる。構想3年、それから5年。どんな構想だったか、もうその5年の間にすっかり忘れてしまったが、なんとか完成に漕ぎつけたい。

本日の参照画像
(2004年6月 6日 23:59)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/585