6
Jun.
2004
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 11 Jun. 2004 (Fri.) 「枇杷系を観る」

フライヤー。

久しぶりに会社を午後6時に出たのは、枇杷系(BIWAKEI)の新作公演「愛情十八番」を観に行くためだ。うちの奥さんが、出演者のひとり山本彩野さんの友達だと言い、「友達が出るダンスの公演があるんだけど行く?」と誘われたのが、聞いてみると枇杷系だった。私も奥さんも枇杷系を観るのははじめて。
「シャックリのダンス」と呼ばれるらしい踊りの箇所があり、それはわりと長くつづくが、途中からふと、それを踊るふたりのダンサーの関係が、何て言うんでしょうか、ごくオーソドックスなかたちの漫才師ふたりのやりとりに見えてきて、すると不思議なことに急に面白くなってきたのだった。
終演後、ロビーに出てきた山本さんに会う。奥さんが買ってきた花を手渡し、そして入籍の件を報告する。山本さんはセリフを言いながら踊るシーンがあり、どうしてもそれが印象に残ったが、聞けばそれ(セリフのことか?)当日に付け足されたのだそうで、「ゲネまでなかったのぉー」と山本さんは言う。
ところで山本さんとうちの奥さんは仕事上でもつき合いがあり、うちの奥さんの会社が外注としてフランス語のできる山本さんに翻訳の仕事を頼んでいるらしいが、今度「ダンサー仲間で韓国語のできる人もいるから」と、山本さんが紹介してくれる人に韓国語の翻訳についてもお願いするかも知れないと奥さんは言い、で、どうやら、その紹介してくれる人というのが尹明希さんではないかと言うのだった。
その後、西荻窪へ。久しぶりの「亜細庵」で夕食。ここでも店主に入籍の報告をする。お祝いにランプと布をいただいた。

本日の参照画像
(2004年6月11日 23:59)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/580