7
Jul.
2004
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 29 Jul. 2004 (Thu.) 「冨永監督に遭遇する」

夕飯。中央がオクラのチヂミ。左手前、ごはんのように見えるのは長芋。

会社帰り、終電一本前の四ツ谷駅のホームに降りるとそこに見覚えのある佇まいがあって、あ、あのタオルを首に巻いているのはもしやと思ってみるとやはり冨永さん(『be found dead』第4話監督。監督作『亀虫』のDVDは好評発売中、アマゾンで買えます)だった。
声をかけたら驚かれた。冨永さんも仕事(バイト)帰りだという。新宿へ向かう電車のなかで少し話す。で、冨永さんは新宿で降りていったが、直前まで、「じゃ、ぼく、新宿で降りますから」といった素振りを微塵も見せない。私はあいかわらず会話下手だが、それで少し間ができかかるや、すかさず冨永さんは何か話す。「ウェブデザイナーなんですよね」「お兄さんも同じ仕事なんでしたっけ?」といったふうに質問を投げてくる。「なんか、兄弟でおんなじ仕事してるって聞いて。」いや、大きく括れば似たような仕事ですけど、正確にはちがう仕事です。兄のほうは3Dアニメーションとかそっちのほうで。「ああ、3D」ええ。「で、相馬さんが?」ホームページを作ってます。「じゃ、ふたりで力を合わせれば3Dのすごいホームページが作れるんだ。」まあ、そうなります。いよいよ新宿駅のホームでドアが開いてから、少し慌てたように、しかし変わらぬリズムで「じゃ、ぼくここで」と手を上げ出ていったときには取り残されたような気分になったが、それというのも何の話題だったか、思いっきり会話の途中で新宿に着いたのだった。「いいメガネですね。」あはは、そうですか。「わかるんですよ、そういうの。ほら、第4話はメガネっ子の映画だったから。」ああ、やっぱりね。やっぱりってこともないけど、とそこでもまた会話が途切れて、「どういうきっかけで宮沢さんの手伝いを?」といった話題に移った、その途中で電車のドアが開いたのではなかったか。

夕飯の献立を書くのも久しぶりだけれども、いか・ピーマン・たまねぎのすき煮、オクラのチヂミ、ちくわ、ミニトマト、長芋の棒切り、大根と油揚げの味噌汁。

本日の参照画像
(2004年7月29日 23:59)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/575