1
Jan.
2005
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 15 Jan. 2005 (Sat.) 「休演日は健康診断だった」

テンピュール。

プレビュー公演のときから毎回ずっとそうだったというのは、本番を迎え、調光室に入るととたんにのどをやられることだ。概して調光室なるものは乾燥しているということなのか、今回もまたやられている。風邪ともどこかちがうように思えるのは鼻水も出ず、熱の上がりそうな気配もなくて、ただのどばかりが痛い。咳が止まらない。
14日は休演日だったが、私は会社の健康診断をその日に入れていた。前夜の公演後、明日は休みだということで役者さんらはみんなで焼き肉など食べに行く様子だったが、あいにく私は明日のため、夜8時以降何も食べてはいけないことになっている。9時すぎ、公演中の調光室でうっかり咳止めのためののど飴を口にしている自分に気がついて以降、きっぱり食べず、煙草も吸わなかった。診断は昼すぎから3時間ほどかかる。総合診断結果は「B」だった。「コレステロール値は低いのに尿酸値が高い」というところに首をひねられ、「お酒はほどほどに」とアドバイスされたものの、あんまり飲まないしなあ。1年前の結果と比べて妻が驚いていたのは体重がほとんど変わっていないということで、妻としてはもう少し「新婚生活」というやつが体重の数値になって現れるかと予想していたようだがそうはならなかった。体脂肪率が少し増え、身長が若干減った。
健康診断を終え、新宿の東急ハンズに向かったのはテンピュールの枕を買うためだ。妻の分だけを買い、プレゼントするつもりでいたのだったがやはり欲しくなってしまった。売り場で妻と合流し、それぞれ何種類かの枕(高さ・形状などがちがう)を試して「これぞ」というものを選ぶ。が、妻は一番低いタイプのものを選び「これぞ」というものを掴んだ顔をしていたのだったが、一方私は、試すたびになんだかどれも気持ちいいような思いがしてくるのだったし、売り場に置いてあるマットレスに実際に寝て枕を試すのだが、横になるという時点ですでに身体はほぐれてくるようでもあってどうにも判断は締まらない。だいたい横になってしまった者に的確な判断など無理というものだろう。で、妻のものよりも1段階(高さが)高い、男性用にもっとも一般的だというタイプを買う。翌朝、寝起きの首の具合がたしかに軽いのには少し驚かされた。妻は枕とはまた別の要因──猫2匹が上に乗って寝るので重く、寝返りが打てない等──があってリラックスした体勢をとれなかったのか、効果はまだよくわからないという。
15日の昼の回には知り合いが多く観に来てくれた。永澤とその友人、荒川、田村、長谷川君、吉沼夫妻、それに妻の母親とその親戚のおばさん2人も来てくれた。のちの報告によるとその回、やけにゲラゲラと受けていた客のうちのひとりはその親戚のおばさんだったという。永澤がはるばる山梨から連れてきてくれた連れの友人はプレ公演を観ておらず、今回の本公演が初見になるそうだが、だいぶ堪能していた様子だったとのことでなにより。その永澤はプレ公演をすべて観ているがそのつど人物関係の把握に苦労し、で今回はというと「思いのほか、これまでで一番わかりやすかった」と言い、「全5回で完結した気分」だという。田村もまたこれが初見。こちらも面白がってくれたようで、荒川によれば「そうかあ、京都かあ」となぜか京都公演に食指をのばす様子だったという。まあ、来ればいいじゃないか、京都に。
15日の夜の回には妻が観に来、曰く、「やっぱり加藤だね」とのこと。

本日の参照画像
(2005年1月15日 23:59)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/559