12
Dec.
2005
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 10 Dec. 2005 (Sat.) 「鈴木謙一さんを中心とする、とあるグループのラジオドラマの収録は済んでいる」

前回書いた「とあるグループ」によるポッドキャスティングの準備は着々と進められている。まだここにつまびらかに書くことはできないが、去る7日の夜、都内某所にあるグループメンバーのひとりの家(以下、「三鷹台の上村くんち」)に集まって全話分の収録を済ませたところである。いま、11日のサイトオープンに向けて謙一さんが鋭意編集中。
といったようなことを書いて、もっと早くにアップしようと思っていたのだが結局サイトオープン間際の今日になってしまってあまり意味がない。「とあるグループ」というのは言うまでもなく「ラストソングス」です。もう間もなくすると現在の公式ブログからリンクが張られ、正式な告知があるでしょう。隣の写真は7日、収録後のひとコマ。
予定としては11日のオープンと同時に「予告篇」の音源をアップし、以降全4回にわけて更新ということになっている。これは未定だが、新サイトもブログ形式になっていて、メンバーたちが通常時に書き込む公式ブログとしても、そのうちにこっちのサイトが利用されるようになるかもしれない。(ポッドキャスティングというのはつまり、説明すると「ポッドキャスティング用のRSSを公開する」ということで、その「RSS」なるファイルを生成するのにはブログシステムを利用するのが便利なわけです。)

アマゾンで買い物をすると「その商品を買った人はこんな商品も買っています」というかたちでさらに別の商品を紹介されるわけだが、最近ではメールででも同様の案内が来るようになった。データベース・マーケティングとでも言うんでしょうか、裏で動いている仕組みはおそらくたいへんなことになっていると思われるものの、とはいえプログラムによる自動生成の(いまのところの)限界というか、「そう言われてもねえ」という商品が関連付けられ、案内されることはままある。自分の買った商品と案内される商品のつながりがよくわからないという場合もまれにあるし、逆に、つながりが明瞭すぎて「そりゃ、そうだろうけどさあ」というパターンは少なくない。
たとえば私は、だいぶ以前に桂米朝の落語のCDをアマゾンで買ったことがある者だが、つい先日来たメールは次のようなものだ。

『特選!! 米朝 落語全集 第二集』をお買い上げのお客様は、『古今亭志ん生 名演大全集(35) 雪とん/寝床』もご予約される方が多いため、このご案内をお送りしています。

 そりゃまあね、そうでしょうよ。志ん生は面白いだろうと思いますよ私だって。
9日に宮沢さんに贈った誕生日プレゼントの洋書も、こうしたアマゾンからのメールで教えられたものである。かねてから贈るなら何か本にしたいとは思っていたもののなかなかいま「これぞ」という本が思い浮かばず、「うーん、どうしよう、ところで何日だっけ誕生日」と考えていたところに次のメールが来たのだった。

『現代建築・テロ以前/以後』をお買い上げのお客様は、 Kendra Schank Smithの著書もお求めの方が多いため、このご案内をお送りしています。Kendra Schank Smith著『Architect's Drawings: A Selection Of Sketches By World Famous Architects Through History』、現在好評発売中です。今なら¥1,024OFF。ご注文は以下をクリック。

 アマゾンのサイトで確認できるだけは確認して「大きくはハズレないだろう」と判断、購入した。このメールが来たのが7日で、その日のうちに注文、商品が届いたのが9日の午後である。はじめは郵送することを考えていたが、気づけば大判の洋書で重さもあり、それなりの送料を払って誕生日当日を逸するよりはと、夜、会社を抜けて宮沢さんの自宅へ。大判なので郵便受けに入らなかったらどうしようと思っていたが大丈夫だった。手紙も書き、本と一緒に厚紙の封筒に入れたのだが、いま心配するのは手紙のほうに気がついてくれたかということだ。封筒の開けようと本の取り出しようによっては手紙の存在に気づかないこともあるかもしれないとつまらないことを心配している。

(2005年12月11日 04:45)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/518