4
Apr.
2006
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 30 Apr. 2006 (Sun.) 「打ち合わせ」

打ち合わせのメモ。「スーパー獅子舞」とはいったい何か?

ちょっと驚いた。たまさか自分の日記のバックナンバー(Yellow / 2003年11月)を開いて読んだのだが、これ、俺かよと思ってしまった。なんだかヘタである。じゃあいまは上手いのか、と聞かれると困るわけですが、自分としてはどことなく違和感がある。文章のリズムがちがうように思える。笑わそうとして書いている部分もあまり面白くないしね。急いで書いたものだったろうか。それともこれが「成長」というやつか。はたまた、私がヘタだとなじる数年前の文章も、いまのこの文章も、端から見れば同じようなものに映っているのだろうか。
で、そのついでに気づくことができたのだが、ページ左部にあるバックナンバーのメニューの、一番古い「2002年」のところが、ことごとくリンク先を間違えていて、クリックするとちがう年のページに飛んだり、Not Found になったりしていた。修正しました。
午後、荒川夫妻、吉沼夫妻、上山君夫妻がわが家へやってきた。田村の結婚式でやる余興についての打ち合わせ。結局、事前には何も用意できないまま、打ち合わせに臨むことになる。会議は難航。吉沼がいろいろといいアイデアを出してくれる。構成というか、方向性が決まったところで、その場で少し台本を書いてみる。その場では好評だったものの、しかしこれ、うまくいくかなあ。
強がり(?)を言わずに漫才にしておけばよかったか、というようなことを思わないでもないのは、漫才なら2人だけで稽古ができるからだ。だいたい、次に全員(今日だって永澤を欠いているので全員じゃないが)で集まれるのは当日しかないのだ。大丈夫かよ。式の前夜は栃木に前乗りし、式場にいちばん近いという荒川宅にみんなでおじゃまする予定で、そこでの稽古と打ち合わせが言ってみれば生命線なのだが、上山君が「前乗りするのはむずかしいかも」という状況らしい。まあ、大阪からだしね。しょうがないものの、痛いなあそれは。それだけでだいぶ焦ってきたのだった。

本日の参照画像
(2006年5月 2日 00:18)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/500