5
May.
2006
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 14 May. 2006 (Sun.) 「かっこいいなあ」

ビル・マーレイ
チェビー・チェイス
スティーブ・マーティン

やろうと思えば会社から持ち帰った仕事などあるにはあるものの、何もしないと決めて、ぼんやりとした日曜を過ごす。妻は洗濯にいそしみ、私はサタデー・ナイト・ライブ 25周年記念番組のDVD をみる。番組冒頭に登場するのがビル・マーレイ。観客席には招待された多くの有名人たちが座っていて、それをいじって回る。ドリュー・バリモアに対しては、耳元で「ドラッグはもうやめたんだよね?」。おなじみ "Live from New York, it's Saturday Night!" のタイトルコールもビル・マーレイがつとめるのだが、そのさい客席にいるギャレット・モリスに向かって「耳の不自由な人のために手伝ってくれ」と声をかける。「難聴者のためのニュース」というかつての有名なネタらしいのだが、これが笑った。ビル・マーレイがタイトルコールをする画面の左上に円形の枠が出て、そこにギャレット・モリスの顔のショットが収まるから、これはその円のなかで同時に手話通訳が行われそうな恰好になるのだが、円のなかのギャレット・モリスはビル・マーレイの言う言葉を「大声で」繰り返すだけ、というもの。笑ったなあ。番組の大半は過去のコントのダイジェスト映像で、各ブロックに区切られたそのコント集の合間に、要は「VTRをどうぞ」と言う役割で、そうそうたる歴代のホストたちが登場する構成(有名どころで欠席なのはエディ・マーフィーのみ)。スティーブ・マーティン、チェビー・チェイス、マーティン・ショートの3人は揃って登場。チェビー・チェイスだけがサボテン・ブラザーズ(スリー・アミーゴス)の衣裳で出てくるが、あとのふたりはタキシード。「この衣裳で出るって打ち合わせだろ?」「みじめだからやめようってことになったじゃないか」というやりとりのなか、ほとんどしゃべらず、ただただチェビー・チェイスに憐れむような視線を投げるスティーブ・マーティンがたまらない。昔のコントに関して言えば、ダイジェストとして編集されてしまっているので雰囲気以上のものはわからなかった。
サタデー・ナイト・ライブといえば、13日深夜放送の回に民主党のアル・ゴア氏が出演、番組の冒頭で「ゴア大統領のTV演説」を行ったらしい。演説内容の全訳とともに「医学都市伝説」で紹介されていた。ビデオはここ(回線の関係か非常に重いです。また、「YouTube」上にアップされていたものは著作権上の問題で削除されたようなので、これもそのうち消えるかもしれません)。しかし、"Live from New York, it's Saturday Night!" の掛け声の、なんとかっこいいことか。

本日の参照画像
(2006年5月18日 15:17)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/492