6
Jun.
2006
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 12 Jun. 2006 (Mon.) 「買いすぎた」

会社帰りに新宿に寄ったのは、紀伊國屋書店とTSUTAYAに寄るためだ。紀伊國屋書店ではまた買いすぎた。この点はぜひみなさんにも注意を促しておきたいが、買いすぎると本は重いのだった。うんざりである。私もばかではないからレジへ持っていくまでにだいたいの量はわかっている。片手で持てない量だ。片手で持てない量の本をレジへ持っていくのは、なぜだろう、照れるのだった。すいませんこんなに、というような具合である。こんだけもらおうか、と「ちょっとしたお得意様」気分で構えてもよさそうなものだが、またそんなに買うんですかとレジの者に呆れられてはいまいか、その心配が先に立って私はついつい下手に出る。というような描写はどうでもいいんだよ。日本の左翼運動に関して、当事者の側から経緯を平易にまとめたというような、資料的な文献はないかと探したが、もうひとつ、どれを読んだらいいかがわからない。閉店の一時間ほど前に行ったせいであまりゆっくり探している時間がなかったのはそうだが、ざっと見た印象では、そもそもろくな本が出ていないように見受けられもした。それこそ、『革命的な、あまりに革命的な』がいちばん「入門」に適しているんじゃないかと思えるほどである。とりあえず、第一次『情況』に掲載された論文を集成した『全共闘を読む』と、もう一冊「手記」的な本を買う。それと、その他の本。
いま夕方に再放送をやっていてそれで知ったらしいが、妻が先日来ほしいと言っていたのが「すいか」という連続ドラマのDVDボックスで、TSUTAYAではそれを求めた。プレゼントである。入籍2周年記念、は今日じゃないけど。小林聡美、ともさかりえ、市川実日子、浅丘ルリ子、白石加代子、小泉今日子(友情出演)らが出演。第1話と第2話を見た。いいドラマだな。どこか久世の匂いがするのは、それ、たんにホームドラマだからってことか。

(2006年6月15日 02:16)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/422