1
Jan.
2007
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 27 Jan. 2007 (Sat.) 「キーボードを洗い、『3』をなくす」

[写真1]

[写真2]

[写真3]

前にも書いたとおりだが、私の旧マシン(Power Mac G4 733MHz + 17inch Studio Display)が南波さんのところへ行くことに決まった。OS X だけを走らせるにはいまやちょっと魅力に乏しいマシンだが、なにせ南波さんは現時点で OS 8.5 ユーザー(マシンは初代ボンダイブルーの iMac)であり、「OS 9 起動が可能である上に、OS X もまあまあ動く」という点では橋渡し役的に適当なところなのではないか。
G4には引っ越し以来と言っていいほど触っていなくて、載っているOSも10.3.8でとまっているから、南波さんの元に送る前にそれを「Tiger」にしようと思い、また、入っているデータの整理などもせねばと思っていたが、あらためて眺めてみるに何よりもまずキーボードがやたら汚い。キーの表面が日に焼けて黄色いし(たばこのヤニかとも思ったが、どうも日に焼けた結果の変色のようだ)、さらに厄介なのは隙間から中に入り込んで溜まってしまったゴミで、外のプラスチックが透明なものだからそれがことのほか目立つ。妻がうっすらと涙を浮かべ「南波さんかわいそうに」とまで言うありさまで、たしかにこのキーボードにはがっかりな気分にさせられるにちがいなく、で、分解して洗うことにしたのだった。
まずはキートップを外す[写真1]。外したキートップをどう洗うかで悩んだが、結局クエン酸を溶かしたお湯に浸して置く[写真2]。外側の透明なプラスチックを外すには細いプラスドライバーと、これまた極細の六角レンチが必要になる。ドライバーは間に合ったが、六角レンチがないから近くのホームセンターまで買いに行く。六角レンチでネジを外したあとは、半ば力ずくでペキペキとプラスチックを外していく。そうして内側に溜まっているゴミを掃除したら、元に戻して、さてクエン酸に浸けてあったキートップをゆすぎながら洗う。あ、クエン酸とか言うと何やら「裏技」の匂いが芬々として劇的に白くなったりするのではないかというような想像が結ぶかもしれないけれどもそんなことはない。「がっかりするほどに汚いキーボード」が「ふつうに使い古されたキーボード」なっただけの話で、そこのところはこれを読むかもしれない南波さんにも過度な期待をされないようお願いしたい。
で、最後にタオルで乾かしたキートップを、記憶をたよりに(嘘)元どおり嵌めていくと、まったくもって「漫画かよ」という事態が出来したのであり(じっさいにそんな話の漫画を読んだことはないけれども)、テンキーの側の「3」が一個だけ足りないから笑ってしまった[写真3]

まあ、それから二日ほどして結局見つかったのですけどね。

070126_keytop.jpg

本日の参照画像
(2007年2月 3日 04:53)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/215