5
May.
2008
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 8 May. 2008 (Thu.) 「フクロウの概念」

ヒガ アロハ『しろくまカフェ (フラワーコミックススペシャル)』
これがフクロウ。

そういえば、友人の上山君が自身のサイトで私に呼び掛けてくれていたのだった。4月13日付の文章だからもうずいぶん経つのだが、上山君の知り合いが漫画の単行本を出したという話の流れで、

 京都の友達Sさんの漫画「しろくまカフェ」がついに単行本になったのでアマゾンで購入。といっても3週間待ちみたい。みんなでガシガシ注文してアマゾンに在庫を持たせよう。ていうか知り合いが単行本出すって普通に凄いなあ。ここに本名出すのが微妙にでもはばかられる人は初めてだ。

とあったあとに、こう呼び掛けられてしまった。

Sさんには「知的だけどポイントのずれた会話を繰り広げる双子のフクロウ」のネタを書いてくれと頼まれているのだが、>相馬君、どう? 強調は引用者]

 俺かよ。むつかしいことを言うなあ。コンセプトが明確なぶん、ちょっと厄介じゃないか。
でまあ、『しろくまカフェ』も読まずに、ひとまず下のようなものを書くには書いたのだったが、これ、おそらく求められているものとちがうんじゃないかと思え──というか、お題からずいぶん逸脱している気がし──、却下。別のを考えるとしよう。

兄さん、ぼく
どうした?
ここ数ヶ月ぐらいずっと考えていたことがあって
うん。
ようやくその答えというか、まとまりかけてるんだけど
そうやっておまえは哲学者だからなあ、昔から。
ぼくたちのことなんだ。
将来か?
じゃなくて、ぼくたちの存在というか
存在?
言ってみればフクロウじゃないかと思って。
……「フクロウ」?
フクロウ。
何だそれ。
何だって言われると説明がむずかしいけど、考えたんだ。
おまえがか。
うん。ぼくたちを言い表す言葉なんだ。
名前か?
いや、名前じゃなくて、新しい概念装置というかな。
名前じゃないのか。
もっとこう、とても大きな概念なんだ。
「友愛」みたいなものか?
そうだね、そういうものに近いね。
じゃあ、そうなんじゃないか? フクロウ。おれたち。
そうかなあ。
考えたんだろ?
兄さんと話して、もっとさ、鍛えたいんだ、この概念を。
もっといい名前ってことか。
じゃなくて、まだこう漠然としてるから。
漢字は?
漢字?
それ、漢字で書けるのか?
考えてなかったけど、とくに。
書けたほうがいいだろ、漢字で。
……。「袋」でいいんじゃないかな、とりあえず。ものを入れるフクロの「袋」。
最後の「ウ」はどうするんだ。
いや、ほんとは呼び方なんてどうでもよくてさ。
どうでもいいのかよ。
どうでもいいっていうとあれだけど、その、中身だよ、言葉の。
……
定義っていうかさ。
……
……
やっぱりもっといい名前がいいな。
本日の参照画像
(2008年5月 9日 02:03)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/340