3
Mar.
2009
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 2 Mar. 2009 (Mon.) 「シルビアが来た」

『ダージリン急行』

母はその後、おかげさまで28日に無事退院。退院手続きの手伝いなどして、東京駅まで送った。
さて今朝方、というのは書いているきょうの話だが、通勤中のわたしの携帯に妻からメールがあり、航空便でビデオとおぼしい荷物が届いたが心当たりがあるかと問う。心当たりならあるのだった。それ、スペインのDVDGOというサイトに注文した『シルビアのいる街で』のDVDである。やった、届いたよ。
ホセ・ルイス・ゲリン監督『シルビアのいる街で』は去年の東京国際映画祭で上映され、その折り、蓮實重彦さんによる檄文がネットを駆けめぐったことで知られる。わたしもその檄文を目にし、少なからず心を揺すられたのだったが、しかし劇場には足を運べなかった。月日は流れて先週、ネットサーフィン中に、どこをどう回ったのだったかふたたび『シルビアのいる街で』に突き当たり、そのときはじめてYouTube上の予告編を見た。

 そして、次に見たのがこれ。予告編もすごいけど、これは決定打である。

 で、ついつい注文してしまったのだった。DVDは英語字幕付き。「台詞はほとんどないので、英語字幕は苦手だという人でも問題なく見れると思う(中学程度の英語力は必要だが)」と、同じようにDVDを買って見た人のブログにはあった。さらに言って、セリフがさっぱりわからなかったとしてもぜったい面白いはずだと上の映像(濃密な三分間)が背中を押す。リージョンコードは「2」同士なので問題なし、「PAL→NTSC」に関してもうちにあるDVDデッキは自動変換してくれるらしいから大丈夫だろう。ああ、はやく見たいよ。
ウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』をレンタルDVDで見たのはおととい、1日だ。思わず二回見た。これもすごい。三度出てくるスローモーション(冒頭、少年の葬式、ラスト)はいずれもすばらしいが、まずもって冒頭のスローモーションにはやられるというか不意をつかれた。そしてその手前、エイドリアン・ブロディがビル・マーレイを抜いて現れる一瞬で、これが超一流のコメディだということが知れる。「あ、この人(ビル・マーレイ)関係ないんだ」ということがその瞬間、一挙に説明されるわけだが、その説明が成功するのはけっして「追い抜かれるのがビル・マーレイである」からなのではなく、おそらく、あくまでも画面内の動き──その気持ちよさによってである。仮に、追い抜かれる人がビル・マーレイでなかったとしても充分に成立するだけの強度が画面にはあって、その上でなおかつ、やっているのはビル・マーレイなのである。そりゃ、何と贅沢で一流な。タクシーの車内、最高にそつなくありきたりに腕時計を覗き、「急いでいる」ということを示すビル・マーレイがもう、おっかしくってしかたない。
2日は夜、下北沢へ。プリセタ第11回公演『モノガタリ デ アムール』の顔合わせがこの日あって、ホームページ担当であるところのわたしも、その後の居酒屋での親睦会から参加した。戸田(昌宏)さんの隣に案内され、おもには浅野(晋康)君、野村(恵里)さん、玄覺(悠子)さんらとしゃべった。つい席を動かずにいて、福津屋(兼蔵)さんとまったくしゃべらなかったのをあとで悔やむ。
ところで前々回、2月25日の日記は、読み返すとなんだか言外にも忙しさをアピールするような調子を帯びていたんじゃないかと反省される。無沙汰のあいだ、徹夜もしていたけれど、充分ぐずぐずもしていたということは記録されておくべきだろう。
前述の『ダージリン急行』をTSUTAYAで借りてきたのはおよそ一週間前、2月24日の火曜日だ。さっそく見るつもりで帰宅したものの、帰ると居間のテレビではWOWOWのアカデミー賞授賞式をやっていて、ついついそちらを見てしまった。その〈このうえない晴れがましさ〉は、まあ素直に心動かされもする。プレゼンターのひとりとしてロバート・デ・ニーロが登場したが、ロバート・デ・ニーロは、なんだかどんどん西川のりおに似てきてはいないだろうか。
零時を過ぎて帰宅することは稀ではないが、たいてい、帰宅後に家で晩ご飯を食べている。さらにはたいてい満腹になるまで食べ、するとどうしても眠くなるということがあるけれど、また、テレビが点いていたりすれば、ついついそれを見てしまいやすい。根が〈テレビっ子〉であるということは、抜きがたくわたしを規定しているもののひとつであるように思われるのだ。テレビっ子はまた、テレビの消しどきを知らない。回せども回せども、もう消したらどうだという番組しか残っていない状態におちいりつつなおもチャンネルを行き来して、いくばくかの延命を図っていることが少なからずあり、ありていに言って、最近見たテレビの半分は通販だ。テレビっ子ではあるものの、最近のゴールデンタイムのことはよく知らない。

本日の参照画像
(2009年3月 3日 12:32)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/443