12
Dec.
2009
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 30 Dec. 2009 (Wed.) 「ある嫡子が」

『クローバーフィールド』(2008、パラマウント)。

書いている現在は31日、大晦日である。じつをいって、MacBook Pro もさきほど、11時半ぐらいに届いた。
あけましておめでとう。ちょっと早いかもしれないが、夜半に嵐の吹かぬものかわ、いま言っておいてもよいだろう。
会社の仕事で元旦午前零時に更新というものがあり、それ手作業でやるんだけど、その下準備などいくつかの仕事。庭の掃除と、そして年賀状づくり。妻は重曹でキッチンの掃除だ。
途中のものから文面は「今年もよろしくお願いします。」だけに統一された年賀状を夜更けに書き終え、で、少しソファで寝てしまったのだったか、妻に起こされて風呂に入る。出てくると、WOWOWではまさに『クローバーフィールド』がはじまろうとするところだった。
この件についてはわりとツイッターに過不足なくつぶやいたのでそれを再掲しよう。

たまたま点いていたWOWOWで『クローバーフィールド』を最後まで見てしまった。おもしろいなあ。

いまエンドロールだけど、そこここに伊福部昭が聞こえるのは、そういうことでしょうか。気のせいでしょうか。

メインテーマと自衛隊のテーマと乙女の祈りと、あと日本狂詩曲的な感じがないまぜになったような。

 これらのつぶやきに、とり・みきさん(@videobird)からはつぎのようなリプライ。

@soma1104 確信的にそういうことです。

@soma1104 あ、確信犯的に、というべきだった。

つまり、「ゴジラ」シリーズと呼ばれるものの始祖は(ある意味あたりまえの話)第二作『ゴジラの逆襲』であって、『ゴジラ』第一作の正統な嫡子はここにいる、というのがわたしの感想だが、いったいなに興奮してるんでしょうかこの暮れにわたしは。

本日の参照画像
(2009年12月31日 15:13)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/694