11
Nov.
2010
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 20 Nov. 2010 (Sat.) 「ラボ公演へ」

戯曲はこちら、「ドイツ現代戯曲選」シリーズ(論創社)から出ているカトリン・レグラの『私たちは眠らない』。ただしそのままやると二時間強あり、リーディングではちょっと厳しい尺なので、適宜シーンや台詞をカットしつつ上演する予定。

午後、新宿へ。東口にある「珈琲西武」という近ごろお気に入りの打ち合わせ場所で、上村(聡)君、田中(夢)さんと「ラボ公演」にかんする相談あれこれ。
今年の2月、上村君の演出で『バルコニーの情景』(作:ジャン・フォン・デュッフェル、訳:平田栄一朗)のリーディングを行った「遊園地再生事業団ラボ」の、その第二弾が来年1月22日(土)、23日(日)にある。今回もまたドイツの戯曲のリーディングで、『私たちは眠らない』(作:カトリン・レグラ、訳:植松なつみ)という作品を取り上げ、ふたたび上村演出にてお送りする。また、今回の『私たちは眠らない』は遊園地再生事業団ラボの第二弾であるのと同時に、ドイツ文化センターが主催して今夏からはじまった、ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ「VISIONEN」の第二弾という位置付けでもある。ので、チラシも上のような感じ。
といった案内を書いて、本来リンクすべき公演情報のページがまだできていない。公演情報については、ひとまず上でもリンクしたチラシのPDF(の2ページ目)を参照していただくとして、ウェブページはこれから、今週中に作る。チケット発売は12月4日(土)午前10時。チケット販売もネットショップ上で行うので、その準備もあり、珈琲西武での打ち合わせはそういったあたりのことと、それから、公演案内のダイレクトメールをお客さんに郵送するにあたり、「Excelで作った名簿からラベル印刷を行うにはどうやったらよいか」という手順を、PCにあまり明るくない役者ふたりにレクチャーする。といって、Microsoft Office系のことはわたしもほとんど知らないので、にわか教師になるにさいしては事前にネットで調べて行った。なるほどそうやってやるのか。
帰りに寄った紀伊國屋書店で『ヴィターリー・カネフスキー DVD-BOX』(『動くな、死ね、甦れ!』『ひとりで生きる』『ぼくら、20世紀の子供たち』)を買う。でもまだ見てない。

本日の参照画像
(2010年11月22日 17:06)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/733