1
Jan.
2012
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 13 Jan. 2012 (Fri.) 「うどんやさぁーん」

わたしがフライブルク・バロック・オーケストラについて(?)の日記を書いていたそのころ、ツイッターではどうやら、「NYフィルの公演中に携帯の着信音、指揮者が演奏中断」というニュースが話題になっていたらしい。例によってその見出しと当該記事にのみ反射的に反応していると思われるつぶやきは多いが──まあ、えてして反射的に出るのが「つぶやき」だが──、続報にも目配せをすれば、まず鳴ったのは着信音ではなくアラームで(件の携帯というのは iPhone なのだが、iPhone のアラームはマナーモードでも音が鳴る)、また、音を鳴らし続けたこの年配男性は楽団員とも顔見知りの、ニ十年来の定期会員であったという。携帯を iPhone に代えたばかりだったという話もあり、それらを総合して、かれ──人並み以上に音楽を愛しながらも、テクノロジーに愛されなかったかれ──は、なぜ(あるいはそれ以上に、どこから)音が鳴っているのか、ほんとうにわからなかったのではないかというのがおおよその見方であるようだ。(それ以降の記事は追っていないが、13日時点のものでいえば「ニューヨーク・フィルのマーラー9番携帯電話事件」や、「ニューヨーク・フィルの『iPhone 着信音事件』、その時指揮者は?」などを参照のこと。)
ともあれ、マーラーの交響曲第9番、しかもその第4楽章でというのがじつに(知らないけど)最悪なタイミングであるらしく、

交響曲は最後のクライマックスを過ぎて「音楽と静寂が入り混じる」極めて繊細な場面。
NYフィルの公演中に携帯の着信音、指揮者が演奏中断 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース

マーラーが「死に絶えるように」とメモ書きの指示をつけた緩やかな第4楽章が終わりに近づき、聴衆が弱音に耳を澄ませている、そして[引用者註:指揮者の]ギルバート氏としては「第4楽章を遅めに」という解釈の最後の仕上げに集中しているその時に、
ニューヨーク・フィルの「iPhone 着信音事件」、その時指揮者は? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

とおのおのの記事は説明するし、この件にかんするつぶやきをツイッターで検索しても、その多くが口を揃えたように、「よりによってマラ9の終楽章で」という言い方をしてみせていて、それでわたしは知るのだが、マーラーの交響曲第9番はどうやら、その方面で「マラ9」と呼ばれているらしい。
でまあ、これ、寄席や落語会での出来事に置き換えるなら、その場合の「マラ9の終楽章」というのは何にあたるのだろうかと考えてしまうのはいま、わたしがばかになっているからだが、声と静寂が入り混じり、聴衆が弱音に耳を澄ますといえばやはり、「うどん屋」のラストだろうか。(いやまあ、まじめに状況を置き換えるなら、たぶん談志が「芝浜」で、「百八つ…………百八つ」とやってるところあたりなんでしょうけどね。)
という話をマクラに、わたしが書こうと思ったのは昨年末に聞いた志らくの「芝浜」のことで、ついついマクラが長くなってしまったからこの話はさっと済ませたいものの、あのとき、じつはわたしもちょっとした聴取妨害に遭っていたのだった。
というのは、目の前の席に座った二人組のおばさんの片方が、連れにたいして小声で、「あたしこの噺聞いたことあるわ」とか、「ああ、談志さんで聞いたんだわ。このひともタテカワよね」といった調子のことを話しかけるのであり、そう頻繁ではないものの、話し出すとそこそこ長く話しているのが厄介きわまりない。携帯のアラームとは比ぶべくもなく、前後の一列ずつが被害を受ける程度の規模だが、迷惑なのはむろんで、噺の後半になってしゃべり出したときにはわたしのふたつ隣に座っていた初老の男性が、座ったままいきなりそのおばさんの席の背凭れを蹴ったのでそのことにもおどろいたけれど、けっきょくおばさんには伝わらなかった様子で、また、最後の最後でしゃべり出した。
それで、じつをいうとその日、わたしはそのおばさんのせいで「夢ンなるといけねえ」をあまり味わってないのだったが、まあ、ひとつにはそこに至るまでにすっかり満足させられていたということがあって、そのときはいっそ、「きょう、ここは、ある〈期待〉や〈想い〉を胸にした客ばかりで埋まっているように見えて百パーセントそうではなく、こういった客もまたきっちり居合わせて、そうか、やはり〈他者〉へも開かれているのだなあ」ということをこそ、暮れの空気のなか、やや感慨深く思っていたのだった。

本日(13日)の電力自給率:31.0%(発電量:12.9kWh/消費量:41.6kWh)

(2012年1月17日 19:06)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/831