2
Feb.
2012
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 9 Feb. 2012 (Thu.) 「立川談春独演会アナザーワールド11へ」

7日(火)

立川談春独演会「アナザーワールド11」初日(@成城ホール)。いせ(ゆみこ)さんをさそう。

三人旅 立川こはる
源平盛衰記 立川談春
(仲入り)
夢金 立川談春

というわけで過日の演目予想1月16日付「ひきつづきばかになっているありさま」は見事に外れたというか、だいたい「外れたもなにも……」という予想内容だったことに「夢金」──これぞ冬の噺──を前にしてはじめて気づかされるわけで、「まめだ」はどう考えても秋の噺だし、「らくだ」はあれ、初夏ぐらいの噺だろうか(はっきりと季節が示される噺ではないが、登場人物が薄着なイメージがある)
開口一番のこはるを見て「あ、このひと知ってる」といせさん。いっしょに飲んだことがあるとのこと。こはるさんも小田急沿線に住んでいるらしい。
「源平盛衰記」はいわば〈お取り次ぎ〉というか、「二十歳そこそこ、小ゑん時代の若き談志が作って大いに売り出した『源平』を作られた当時のまま、昭和30年代〜40年代のギャグもそっくりそのまま再現して演ります」とはじめに断ってのスタート。そうは断るものの、やはり「照れ」なのか、地噺である「源平盛衰記」にさらに自身のメタレベルな「地」──談志のギャグへの寸評や、談志が得意とした話術的仕掛けの解説など──を幾度となく差し挟んで、それがまず何より「談志っぽい」のだった。昭和天皇をさしての談志のギャグ、「あのひとも戦争さえしなきゃいいひとだったんだけどねえ」がたまらない。
二席目の冒頭では、一席目を終えてソデへ下りた直後、会のスタッフに「照れずに演ってください! みんな期待してるんですから!」と言われ、弟子たちもそれにうん、うんと首肯いていたという報告をし、「というわけで照れずに演ります」と言ってすぐに「夢金」に入った。サゲは、ふたたび「百両ォー」という雄叫びがあがったところで階下のオヤジが「静かにしねえかい」。これ、こういうふうにサゲを「きれいに」したのは先代金馬だそうだが、あまりにスマートだったので「ひょっとして」と思い、あとでいせさんに訊ねてみるとやはり「夢だった」というそのオチに気づいていなかった。本来のサゲはこれこれこういうかたちで、だから「夢キン」なわけ、といった解説をしたり。
でまあ、夢だったということがわからずとも充分に圧倒された様子のいせさん(落語を聞くのは何回目かで、「うまいひとのを聞くのははじめて」とのこと)と、駅前の串焼き屋で飲んで歓談。[電力自給率:3.9%(発電量:1.4kWh/消費量:35.3kWh)]

8日(水)

古今亭右朝が演った「ガーコン」をニコニコ動画で聞く。[電力自給率:10.1%(発電量:3.9kWh/消費量:38.3kWh)]

9日(木)

立川談春独演会「アナザーワールド11」の三日目・最終日。きょうは笠木(泉)さん姉弟と。(鈴木)謙一さんが来る予定だったのが来られなくなり、急遽、弟さんに白羽の矢が立てられた。笠木さんがときおり話題にするのでなんとなくは知っていた弟さんに、はじめて会う。

湯屋番 立川春樹
源平盛衰記 立川談春
(仲入り)
夢金 立川談春

一般的な演劇公演と同じような、連日同一演目をやる(と、あらかじめ案内されている)かたちの公演というのは落語においてはまれな形態なわけだが、この「アナザーワールド」シリーズがそれで、いきおいもあってためしに二度観てみたのだったけれど、やっぱりね、二度観たら観たで、そりゃいろいろとたのしいのだった。
出来は初日のほうがよかったように思う。もとより三日間三回だけの公演で噺の成熟度が大きく変わるとも思えず、それよりかは「初日」特有の緊張感がもたらすもののほうが大きかったのかもしれない。三日目の「源平」は構成の面ではやや「完成度」を増し、談春自身のメタレベルな「地」をどこで出してどこで出さないかという計算がよりなされている印象があったけれど、ライブの力でいえばどちらかといって、「少しでも忍んでいただけたなら幸せです」と結んで頭を下げた初日のほうがぐっとくるものがあった。
三日目の収穫といえばなんといっても「源平」の途中、脱線ついでにやや制御を失って披瀝された、ちかごろ落語界をにぎわす例のあれ=「落語芸術協会にたいする末廣亭席亭の提言」への〈怒りの応答〉だろう。〈これ以上ない追悼コメント〉とも聞こえたこの〈応答〉はやっぱり、論理の当否を超えてぐっとくるものがあった。
終わって焼き鳥屋(と呼べばいいのかな、あそこは)で笠木さん姉弟と歓談し、解散する。[電力自給率:37.1%(発電量:14.9kWh/消費量:40.1kWh)]

きょうのひとこと

かわいそうなのが田舎でございます。(古今亭右朝「ガーコン」)

(2012年2月29日 01:43)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/852