10
Oct.
2012
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 28 Oct. 2012 (Sun.) 「いいかげん更新する」

小屋入りの夜、銭湯帰りの三人。三人ともグレーのTシャツなのはたまたま。

そして焼き肉を堪能する。

ゲネプロのひとこま。言われずとも周囲のみなさまのほうがよくご存じかと思うけれど、わたしのハゲはけっこうなことになっているのだった。

グーチョキパーズ以降、そのしわ寄せが寄せるだけ寄せているといった具合に忙しくしている。
本来は「ホーム」と呼ばれるべきこのサイトでなにひとつ近況をお知らせすることのないままいっさいを終えてしまったので、あるいは、いまさら言われて「えっ?」とお思いになるかたもあるかもしれないが、そういうわけで、わたしは10月6日〜10日に新宿眼科画廊というギャラリーで本番をむかえた、グーチョキパーズ第二回公演『相馬さんの書いたコント』の作・演出をつとめていた。
グーチョキパーズの第一回公演を(むろん知り合いではあるが)ただの客として観に行ったのが7月1日の夜だ。正確なところはわからないが体感でおよそ40分弱ぐらいの上演時間で、何よりもまず「短いな」という感想がわき、それで終演後の彼女らに「つぎは俺が一本書く(から足しにして)よ」と言ったのがことの発端である。
と、そういうふうにそのときのことをいろいろなところでしゃべってきたので、もはや自分のなかでも「そういうこと」にはなっているものの、じっさいのところ、そのときどういうつもりで彼女たちに「一本書くよ」と言ったのだったか、よくよく思い出してみればそのときすでに最終的な〈作・演出〉というところまでぼんやりと思惑があったような気もしてくるのだったが、それこそが作られた記憶だよという思いもあり、やっぱりただ、何かいきおいだけで「一本書くよ」と言ったのじゃなかったかと思う。
いまこれを下書きしている日記/メモアプリの「Day One」には、その一週間後の7月8日のメモとして、「異常性欲者の世界へようこそ。」という一行(一本目のコントの、最初のセリフ)だけが書かれて残っている。メールの履歴やその他の断片から時系列を拾い出すと、そのセリフからはじまる一本目のコントを書き上げてグーチョキパーズのふたりに送ったのが7月11日。翌12日には二本目のコントの「面接」を送っている。ぜひ稽古をみていただいてアドバイスをくださいと言われ、最初にふたりの稽古をみたのが7月14日の夜、高円寺駅の南口にあるロータリーで、わたしが書いたコントをふたりがやるのを見、いくつか「ここはこういうふうに」ということを言ったように思う。その後もちょくちょく三人ないし二人で平日の夜に会い、花園神社の境内とか、新宿のごく安いカラオケルームとか、井の頭公園とかで稽古を重ねるなか、7月28日には音楽の島(周平)君に会い、オープニング曲のイメージを伝えるとともに「おおよそこんな感じの舞台になる/する」という説明をして島君のやる気の大半をこちらに向けることに成功している。そうして会場をおさえたのが8月21日。いいかげん長くなるので一気に話は飛ぶけれども、小屋入りが10月5日である。小屋入りの夜には三人で会場に泊まり、新大久保の銭湯と焼き肉屋に行ったりもした。ちなみに、ま、観ていないかたには何のことだかわからないだろうが、コントを書いた順に並べ直すとこんな感じである。

「異常性欲者の世界」
「面接」
「名探偵登場・その2」
「落語の精」
「名探偵登場・その1」
「相馬を待ちながら」
「8月14日」
「北風と迷惑メール」

ともあれたくさんのお客さん(記録では延べ173人のかた)に来ていただきました。ありがたいことです。むろん大半は誰かの知人ということになるわけですが、そうはいっても、グーチョキパーズのふたりの友人・知人というのはわたしにとってはまったくの他者と言ってもいいような方々ばかりで、そのひとたちに笑ってもらえるかというのはなかなか試される気分でしたし、一方でわたしの知人のなかにはグーチョキパーズのふたりをはじめて見る者もわりといて、彼/彼女らに、ふたりの魅力を伝えられるだろうかという緊張もありました。そしてわずかではありますが、ツイッター等で知って観に来てくれた、誰の知人でもないお客さんもありました。つまりまあ、なんです、ご来場ありがとうございました。
グーチョキパーズの第二回公演にかんして、もっとほかに書いておくべきことがあるような気もしますが、それはまた、おいおい折に触れてということでひとまず。
いやほんと、ご無沙汰しました。わたしは元気です。
本日(28日)の電力自給率:7.0%(発電量:1.5kWh/消費量:21.2kWh)

本日の参照画像
(2012年10月29日 02:46)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/874