1
Jan.
2014
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 17 Jan. 2014 (Fri.) 「テクノリサイタルを聴きに」

公演フライヤー。

EXシアター六本木で、高橋幸宏 with 小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井。曲目はこんな感じ。

  1. CUE
  2. Ballet
  3. Now And Then
  4. Lay My Love (Brian Eno & John Cale cover)
  5. Radio
  6. Radioactivist
  7. Don't Think Twice,It's All Right (Bob Dylan cover / acoustic)
  8. I Need You (The Beatles cover)
  9. Everybody Had A Hard Year (März cover)
  10. Turn Turn
  11. Still Walking To The Beat
  12. 中国女
  13. Disposable Love
  14. Drip Dry Eyes

    Encore:
  15. Something In The Air

 で、「Turn Turn」から「中国女」まではドラム叩いてた。
いやほんと、ものすごくよかった。とくに「Ballet」。あと、けっきょくそれですかいという話だけれどそうはいってもの「中国女」は圧倒的。あ、ナタリーのライブレポート記事の見出しにある、「テクノポップ忠実再現ライブ」というのはちょっと印象が異なるかなあ。「Ballet」なんか、こんな曲だっけと思うほどの鮮烈さに圧されたのだし、ほか、どれもこれもが一夜かぎりの贅沢さを湛えていた。だからそうか、テクノの〈イデア〉なるものがどこか高みに想定されていて、それを提示してやろうという意思をあのステージに汲み取るならば、あの夜は、たしかに完全な〈再現/体現〉だったのかもしれない──そう考えたときに合点がいくのは、あの晩の真の演奏者はきっとテクノなる一者だったのだということで、だからこそ、フライヤーにある公演名は「 TECHNO RECITAL」〔演奏会の意味での「リサイタル」は元来、1人の演奏者が行うもののことを言う〕とされたのでなかったかということだ──てなことを思うほどに、つまり、よかった。願わくは音源化・映像ソフト化だけど、ないのかなあ、なさそうな感じだったなあ。

Walked 7.1km • 9,553 steps • 1hr 40min • 340kcal.
Cycled 1.2km • 4min • 25kcal.
本日の参照画像
(2014年1月22日 01:02)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/959