1
Jan.
2014
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 18 Jan. 2014 (Sat.) 「連日の全豪に、連夜の EXシアター六本木」

紫のウェアが奈良くるみ。手前がヤンコビッチ。ほらね、女優っぽいでしょ? いや、「ほらね」じゃないけど。

こちらはめかしこんだ状態のヤンコビッチさん。

全豪オープンでは女子シングルス 3回戦のエレナ・ヤンコビッチ v. 奈良くるみだった。全豪(メルボルン)は時差が二時間しかないので、夜更かしして観戦するということもなく、平日は──まあ、見ようと思えば WOWOWのオンデマンドライブ配信を iPhoneで見るという手があるものの──もっぱらライブスコアを横目で確認するぐらいのことになるから、テレビ観戦できる週末はやはりいい。

2ちゃんねるのテニス関連のスレッド──テレビ中継やライブストリーム、ライブスコアなどの実況をする「テニス総合実況スレ」とか──をときおり読むのだけど、そこではたいてい、選手たちは略称やあだ名で呼ばれる。フェデラー=「フェデ」、ナダル=「ナダ」、ジョコビッチ=「ジョコ」といった具合であり、また、ベルディヒが「空気」1]と呼ばれるのもその界隈では有名らしいが、そんななかで、あるときヤンコビッチが「女優」というあだ名で呼ばれているのを見たときは笑ってしまった。うまいこと名付けるなあと思ったわけで、だから、ほどなくそれが、彼女がかつてインタビューに答えて言ったという「テニスをやってなかったら女優になりたかった」云々の発言をからかったものだと知ったときには、むしろちゃんと由来のあることにがっかりしたくらいだ。なんだよ、そういう理由かよ。そんなこっちゃなくて彼女の存在が──「どこ」がどうと腑分けして説明するのはむずかしいが、その風貌・佇まいがトータルで──ただもう女優然としてるじゃないかとわたしは言いたい。でもって、くわえて今大会ではどこか(ウェアもあいまって?)艶めかしくすら感じるヤンコビッチはわが家の注目する選手のひとりだけれども、それはそれとして、応援するのはくるみちゃんだ。がんばれくるみちゃん。

1:「空気」

どんな大会においても「誰にも気づかれずに」安定して 4回戦、ベスト8あたりまで勝ち上がり、気づいたときにはいつのまにか敗退しているというその存在感のなさから、とのこと。まあ、そう言いつつ彼ら自身は何かと注視してるわけで、要は好きにちがいないんだけど。

結果は 2-0 (6-4, 7-5) のストレートでヤンコビッチ。惜敗、と言ったらいいのか、ストローク戦では互角以上に打ち合っていたくるみちゃんだったけれど、さすが女優、肝心なところで崩れきらなかった(あ、ランキングではヤンコビッチが 8位〔かつての最高位は 1位〕で、奈良くるみが 74位〔最高位 70位〕です)。でもって奈良選手、ひょっとしてあれですかね? 「サービスゲームが不得意」だったりしますか? いや、だとすればそれ、「何だよそれ」ってくらいのすごい弱点だと思われるわけですが──と同時に、それでいてなお互角に渡りあっているのかいとも思うわけですが──、まあともあれ、今大会の 3回戦進出により大会後のランキングでは日本人女子トップになることが確定してもいて、ぜひ、さらに上をめざしてがんばってもらいたいところです。
で、WOWOWの流すがままにガバシュビリ v. フェデラー、ラオニッチ v. ディミトロフなど見て、夕方出かける。ナイトセッションのヤング v. 錦織は、途中までライブスコアで確認。
連夜の EXシアター六本木は「ロッカデリック・アンサンブル」──高田漣(Vo,G)、伊賀航(B)、伊藤大地(Dr.)/スペシャル・ゲスト:鈴木茂、細野晴臣、ムッシュかまやつ、小山田圭吾、高野寛。曲目はこんな感じ( Facebookの「高田漣official」ページにあったものを参照しました)。いやほんと、そりゃもうよかったですよ。

  1. 古靴店
  2. Pop Music
  3. 絵空事 (with 鈴木茂)
  4. ウッド・ペッカー (with 鈴木茂)
  5. 砂の女 (with 鈴木茂)
  6. Memphis (with 細野晴臣 & 鈴木茂)
  7. Cheat (with 細野晴臣)
  8. 29Ways (with 細野晴臣)
  9. The House of Blue Light (with 細野晴臣)
  10. コーヒーブルース (弾き語り)
  11. なんとなく なんとなく (with ムッシュかまやつ)
  12. どうにかなるさ (with ムッシュかまやつ)
  13. ゴロワーズを吸ったことがあるかい (with ムッシュかまやつ & 小山田圭吾)
  14. Walking the dog (with ムッシュかまやつ & 小山田圭吾)
  15. Bao Shen (with 小山田圭吾)
  16. Glass (with 小山田圭吾 & 高野寛)
  17. 野バラ (with 高野寛)
  18. オールナイト

    Encore:
  19. 火吹竹

で、六本木からもどる途中の新宿駅、大江戸線や都営新宿線の改札のあたりで篠原(礼)さんにばったり。「いまさっき小山田圭吾を観てきたよ」と言うと「ええっ!」とのけぞっていた。あ、小山田圭吾ファンであるところの篠原さんについてはこちら( 2012年2月19日付「黒門亭で。トモヨチャンと。」)を参照ください。
夜、「カオマンガイ」でテイクアウト。ラープの豚( 2辛)、ガパオご飯の鶏( 3辛)、ヤムウンセン( 2辛)、タイオムレツ。

Walked 3.3km • 4,764 steps • 49min • 160kcal.
Run 0.5km • 377 steps • 2min • 27kcal.
Cycled 3.2km • 15min • 70kcal.
本日の参照画像
(2014年1月23日 14:42)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/960