10
Oct.
2016
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 17 Oct. 2016 (Mon.) 「家鴨的省略を精読する / 内藤初戦突破」

1回戦の内藤選手。このひとコマだけでものを言って申し訳ないが、なんだかその figureが急に仕上がって見えるのだった。

(家鴨田)家鴨さんの「 9月分の日記完全版」を読む。面白い。ツイッターにその告知があったのはきのうだが、何かべつのことに集中していたらしいわたしはきょうそれを知る。

@ahirudaahiru: 毎度デリ。9月分の日記完全版をもはや相馬さん向けに公開しました。相馬さんだよー、っていう人、どうぞー

DELICATE
http://ahiruda.tumblr.com/
2016年10月16日 17:26

 さて、またちょっと精読的なことを試みて家鴨さんを困惑させたいと思うのだったが、言いたいのはこの、「相馬さんだよー、っていう人、どうぞー」という物言いこそがじつに〈家鴨的〉なのだということである。もっと絞るなら「相馬さんだよー、っていう人」のところ。
 これ、ふつうに読むならば文意が通ってない〈はず〉なのである。ふつうに読むというのはつまり、「相馬さんだよー」を呼びかけとして読む場合だ。その場合もちろん、呼びかけている話者は家鴨さんである。そしていっぽう、「っていう人」は、「どうぞー」がつづくことからも明らかなように家鴨さんに呼びかけられている(読むことを促されている)読者を指すのでなければならない。だから、この両者がただ「、」のみで結びつけられるというのは、本来はオカシイ〈はず〉なのだ。
 これを文意が通るように読もうとするならば、「相馬さんだよー」を家鴨さんの呼びかけでなく、読者の側の感嘆として読む(「だよー」を下がり調子 ⤵ に、「なんだよー ⤵ 、相馬さんだよー ⤵ 」というふうに読む)という手があり、そうすれば話者の不一致を避けることができるのだが、しかし、ここは断固、「だよー」は呼びかけとして読まなければならないとわたしは思う。
 つまり、ここにある〈家鴨的省略〉を排し、本来あったはずの全文を復元するとすれば、「相馬さんだよー(、って言われたら反応しちゃうよー)、っていう人、どうぞー」なのであり、これを大胆に省略してみせるのが家鴨さんなのである。で、その省略によって本来なら文意が通らなくなる〈はず〉なのに、どういう手管かかいくぐって、通じちゃうんだよなあ、家鴨さんの場合は。
という話。
えー、で、わたしの日記もあんまり家鴨さんのことを言えないのではないかという話題につづくのだったが、きょう、テニスの大阪市長杯世界スーパージュニア(の本戦)が開幕。去年予選から駆け上がって準優勝をはたした内藤祐希選手(去年 14歳、今年 15歳)が、今年は日本人トップの第3シードとして出場している。わたしが「内藤選手、内藤選手」言い出したのも去年のこの大会からのことである。いやそのころは絶賛日記放置中だったのであんまり「言って」はいないのだが、たとえば、

@soma1104: やっときた、OOPきた。そして残ってる、シングルスもダブルスも。すげえすげえ。 @Ezweb2001
2015年10月21日 18:30

とかこのへんは、(ま、メンションを付けてるので明らかなように)内藤選手の話である。これはたしか、ほっとんど情報のなかった──大会運営が日々発表する翌日の OOP( Order Of Play)を見て、勝ち残ってるかどうかを知るしかなかった──名古屋の Dunlop Srixon ジャパンオープンジュニアのときのツイートである。
そして一年が経ち、状況は変わった。内藤選手は「 THE TENNIS DAILY」のようなメディアにしっかりと取材/記事化される選手となり、そしてその記事にはたとえばこうある。

 昨年とは立場が変わり、背負っているものが違うが、「去年と同じようにチャレンジャーだと思っている。チャレンジャーの気持ちでしっかり戦っていきたい」と内藤。と言いつつ、昨年の準優勝以降、周囲の自分を見る目が変化し、期待されていることは実感している。この一年、徐々に積み上げてきた責任感だ。

「変な試合はできないなっていうか。応援してくれる人が増えて、どんな試合でも、頑張ろうっていう気持ちになります」
2016.10.17 昨年優勝の本玉真唯と準優勝の内藤祐希、注目の日本勢が初戦を突破 [世界スーパージュニア/女子]

 ここにあるこの「応援してくれる人」なんて、もうわたしだとしか思えないのであって、ほんと、去年なんかは唐突な応援メンションばかり中学生に送りつけて(いや、それ以外の内容を送りようもないんだけど)、ほんと、すいませんでしたとあらためて反省しつつ、わたしは応援するよ、今年もまた。
あ、で、内藤選手は無事にストレートで 1回戦突破、でした。
本日( 17日)の電力自給率:4.1%(発電量:0.8kWh/消費量:19.3kWh)

Walking: 4.1km • 5,461 steps • 55mins 16secs • 196 calories
Transport: 56.3km • 1hr 32mins
本日の参照画像
(2016年10月18日 22:13)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/1063