blue

タグ「高山玲子」を含む

2017.05.14

The world is not divided

8:20 おはようごさいます。 さあ、もう、今日はこれだけでいいんじゃないですかね。 世界は、東西に分割されてはいない。あなたはアメリカ人で、私はイラン人で、互いを知らないけれど、でも私たちは話し合い、互いを申し分ないほどに理解し合える。あなたと、あなたの政府との間にある差のほうが、あなたと私の間にある差よりも大きい。私と、私の政府の間にある差のほうが、私とあなたの間にある差よりも大...

2017.05.11

ハイデガー『時間か場所』

8:35 ハイデガー『時間か場所』 12:20 カラナズシモ。 20:56 2ヵ月半? 今日のメモは意味不明なものが多い。 ま、いずれ主著のひとつだろうとは思われるものの、いきなり、ずいぶんと投げやりな姿勢になっていやしないかと気にかかるのが、ハイデガー『時間か場所』だ。大著ながら、当初の執筆計画の「序」にあたる部分しか書かれなかったとも言われる『存在と時間』のその壮大な構想のもと、「現...

2017.04.04

続編の可能性? / スタンド名は「たき火」

2日付という扱いの「いったい白子は何を考えているのかその傾向と対策」を更新。タイトルを思いついた当初はもっといろいろ書けるかと思っていたが、そんなにたいして広がらなかった。何しろ語り手の動機が「白子と付き合いたい」なので、もろもろの考察がけっきょく「そんなこと考えててもしょうがねえか」ってところに行き着いてしまうのが敗因といえば敗因。あとまあ、vol.3のほうは戯曲がウェブ公開されてないか...

2017.03.10

その夜高架下で、『ささやきの彼方』を観た

...の間の視線の上に結ばれた女性たちが、高山玲子という俳優の身体に幾重にも折り畳まれてい...方』戯曲では有限で匿名だった〈私〉たちが高山玲子の身体を通って無限で固有な〈私〉に。誰に...

2017.03.06

つぎのレイコはきみだ

なかなかに力の入った、いい日記が二本続いたのではないかと、Diarist(ニッキスト)としては少しく満足するふうのわたしだ。と同時に、〈この事柄はやはりこの日付のもとに書いておこう〉と思っていたものたちがいまは手元になくなって、少しく手持ち無沙汰になるふうのわたしでもある。それはつまり、一般に言われるところの〈とくに(日記として)書くことがない〉状態なのだが、いっぽうで、そこからがニッキストの本...

2017.02.09

読まれてねーなー

おいおめーら(笑)。3票( 11日23時時点)ってなんだよ、3票って。別途アクセス解析によってもっと多くのひとが来ているのは知れているから、つまり前回のこのアンケートは直接質問している内容とはべつに、「はたしてどれくらいのひとが最後まで付き合って読んでくれているのか」を測る意味合いもあったわけだ。 まあ、おそらくそうなんだろうとは思っていたものの。読まれてねーなー。しょーがねえかあ。 知人の...

1