ラジオ・ラストソングス夏休み特別企画『シング!ソング!ラストソングス!』〜南の島の楽園から届く歌声のエアメール〜 | 全3回(8月24,27,31日)更新予定 この放送を聞くには? 第1回 第2回 第3回

2007年5月12日

videoLastSongs #001

これが落選映像だ!

お待たせしました。謙一さんが「ラストソングス ON STAGE NOW」のほうで以下のように予告していました「落選映像」をご覧いただけます。

実は先月、今回はガーディアン・ガーデン演劇フェスティバルに応募していたんです。

結果はコレだ!

文中に「皆様方のまたのご応募を〜」とありますが、応募資格が35歳までなんですよねえ。
応募の際には、団体の活動がわかるような映像を送ることになっていたので、せっかくだからそのために撮影し、10分間の映像作品に仕上げたのでした。
現在、相馬くんにお願いし、「これが落選映像だ!」ということで配信しようと準備中ですので、もうしばらくお待ちください。 ラストソングス ON STAGE NOW:結果を発表します。

映像はFlash動画形式です。ご覧いただくにはバージョン8以上のFlash Player(無料)が必要です。「うちじゃどうしても見られないんだよ」という方はお手数ですがコメント欄などでご一報ください。

ではどうぞ。

続きを読む "videoLastSongs #001" »

Posted by SOMA Hitoshi at 19:12 | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月25日

NEWDEAL(HITOSHI OHISHI)

fudge.jpg

NEWDEAL(HITOSHI OHISHI)

中学校の同級生で、今や日本のテクノシーンに欠かせない存在になりつつある、HITOSHI OHISHIによるプロジェクト。(写真は昨年リリースされたアルバム『FUDGE』)
とにかく古い付き合いなわけで、昔は一緒にボンタン買いに行ったり、スケボーやったり、バンドみたいなことやったり、、、大袈裟に言えば俺に音楽を教えてくれた人かなぁ。初めてターンテーブルを触ったのも大石の家だし。
『2000年にUKのテクノレーベルPRIMEVILからデビュー後、FROGMAN RECORDSより幾多の12inchシングルを経てアルバム「metronomerampage」、コンバースのTVCMにも使用された「bleat blip every trip」を収録したCDシングルや、SHOP33の企画でCDアルバム「PAUSE」をリリースするほか、LAETITIA名義で、U.S.B.やBLANK RECORDSへのコンピレーションなどに参加。2005年colorveより、devicegirls、KLOMAなどの映像作家5組、mold、timekのリミックスを収録したDVD+CDをリリース。オリジナル作品以外にも、WIRE02コンピにDJ TOBYとの供作、WALKMAN25周年を記念したトリビュートアルバムや、TVアニメ番組「交響詩編エウレカセブン」へ楽曲を提供。また、Hakan Lidbo、SBK(スケボーキング)、Layo&Bushwackaやオレンジレンジなどといったアーティストへのリミックスや、様々なアーティストのレコーディングなどにも参加。
2006年、これまでの名義や製作活動をNEWDEALに総括し、ELECTRIC Hi-Fi FUNKなアルバム「fudge」をリリース。テクノとダンスミュージックを基盤に、そのフレキシブルなサウンドのライヴも好評。』(以上NEWDEAL.WEB.COMより)
以前ブログにも書きましたが、2005年にリリースされたDVD+CD『Parallel』に、俺もラモス風な役で出演してますので、よかったらチェックしてみてください。(練馬の”ダイナモ”と称された私のプレイが堪能できると思います。)

数年前のことになりますが、今はもう無き新宿リキッド・ルームで行われた、WIREの前夜祭に大石がDJで出演したことがありました。それが彼のリキッド・デビューだったわけですが、十代の頃から「いつかあそこでDJやりてぇなぁ」って言ってた場所で彼がプレイする姿を見た時は、さすがに感動しましたね。まぁその後一緒に行ったTとF君共々、テキーラ飲み過ぎて全員まったく記憶なし!だったんですが。

Posted by 鈴木将一朗 at 04:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月31日

『シング!ソング!ラストソングス!』第3回

お待たせしました、第3回(最終回)です。

『シング!ソング!ラストソングス!』第3回(MP3、6.2MB、8分55秒)

Posted by SOMA Hitoshi at 10:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日

『シング!ソング!ラストソングス!』第2回

それではさらにゴキゲンな、第2回をどうぞ。

『シング!ソング!ラストソングス!』第2回(MP3、6.5MB、8分56秒)

Posted by SOMA Hitoshi at 00:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日

『シング!ソング!ラストソングス!』第1回

ラストソングスの面々はいま、南の島に行っています。聞くところによるとほんとうに楽園と呼ぶにふさわしい場所だそうで、うらやましいかぎりです。さて、ひとり東京に残った相馬が更新作業を担当させていただきますところの「ラジオ・ラストソングス 夏休み特別企画」、題して、

『シング!ソング!ラストソングス!』
“南の島の楽園から届く 歌声のエアメール”

今回がその第1回です。

新たにポッドキャスティングに登録してお聞きになる場合は、下の画像を iTunes のウィンドウにドラッグ&ドロップしてください(詳しくはこちら)。すでに登録済みの方は iTunes を起動すれば自動でダウンロードされます。

Podcasting RSS

それ以外の場合(ポッドキャスティングに対応した環境をお持ちでない場合)は、下記のリンクをクリックして直接お聞きください。

『シング!ソング!ラストソングス!』第1回(MP3、6.7MB、9分17秒)

それでは、よい残暑を。

Posted by SOMA Hitoshi at 00:01 | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月17日

イーモトロール 『DAZ』(YOU THE ROCK★『NO SELL OUT '05 』より)

イーモトロール 『DAZ』YOU THE ROCK★『NO SELL OUT '05 』より)

その昔、渋谷オルガンバーで一緒に「プレイボール」ってイベントを立ち上げた言わば戦友、イーモトロール。YOU THE ROCK☆率いるL2Dのメンバーで、今は渋谷オルガンバーの店長も務める働き者。
Dogday Afternoon『BURN OUT』なんかにもラップで参加してて、近々ソロアルバムのリリースが予定されているとかいないとか。以下は『NO SELL OUT '05 』からのシングルカット『Daz』のレヴュー。
「豪勢に大勢で各地で騒動起こそうぜっ☆」MUSIC GARAGEにてHONDA車【SPIKE】を自分色に作りあげようっていう企画で、豪勢に大勢に宣伝できちゃったTHIS曲☆ベジータにも勝ってるって☆勢いある完全前向きリリシスツ、PAC-MAN、イーモトロール、アンド兄貴の三名、楽しく熱く騒いでいこう☆スタイルに超脱帽&大賛成☆ラップの楽しさ、ヒップホップの深み、色々教わる事できちゃう☆ヒップホップ魂、忘れるな☆祝シングル・KAT☆絶対弐枚、ネガイマス☆ (シスコ・レコーズのレヴューより。)
で、この夏の終わりに、久っしぶりに一緒にイベントやることになりました。彼の他に、このページでも紹介したDJ KOMBOI、DJ DEPHY、それからこれまた文化の同級生、ロンドンナイトのU-ICHIなどと、豪勢に大勢で騒動起こそうぜっ☆って感じです。

『SWEET STUFF~10th anniversary special!~』
2006/08/31(THURSDAY)
U-ICHI, DJ KOMBOI, 岡崎慎祐, 高橋達彦, DJ DEPHY, DJ YMD, 飯本航平, 鈴木将一郎 &special suprise guest!
at 渋谷オルガンバー

そういえば何年か前、「ちゃん、リン、シャン」でお馴染みソフトインワンのCMで、近田春夫氏のトラックに乗せてラップしてたねぇ。たしか牧瀬里穂が出演してたはず。

Posted by 鈴木将一朗 at 16:52 | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月11日

白鳥マイカ

白鳥マイカ 

これまた高校の同級生で今や映画、CM、TVドラマの主題歌などなど、どメジャーで活躍してるシンガーソングライターの白鳥マイカ。(母親は言わずも知れたトワ・エ・モワの白鳥英美子!)
2001年11月、25歳でsingle『Shelter』でデビュー後、これまでにアルバム3枚、シングル6枚をリリース。写真はデビューアルバム『花園』で、プロデューサーはCOCCOのプロデューサーとして知られるDr Strange Loveの根岸孝旨。
「キャロル・キングなどアメリカン・フォークを思わせる」とか「フィオナ・アップルやナタリー・マーチャントといった女性シンガー・ソングライターに通ずる」とか「ジョニ・ミッチェルがオルタナ・バンドを引き連れて歌ったら」などなど言われてますが、まぁとにかく素晴らしいわけですよ。その歌声をピッチャーに例えるなら、「右の本格派」ってところではないでしょうか。
最近だとSHARP「AQUOS」のCMで彼女の曲が使われてます。(只今SHARPのホームページでもCMをご覧になることができます。動画終了後に“TV-CMを見る”の矢印をクリック!)
以前高校の同級生同士の結婚式で、彼女が新郎新婦のために作ってきたオリジナル曲を弾き語りで披露したことがありました。その「ど真ん中のストレート」具合に全員号泣!

Posted by 鈴木将一朗 at 00:20 | コメント (0) | トラックバック (0)