blue
PAGE [ 1  /  2  /  3  /  4  /  5  / ALL ]

Re: 渡辺さん家の事情(IE5.0とUTF-8での文字化け、はたまたBloggerのテンプレートHTMLにWinIE分岐のスタイル指定を加える法)

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • February 27, 2007 11:47 PM
  • web

さてと。

そんな中、渡辺道子さんの驚くべき発言がありました。

「我が家のパソコンではこのブログの文字がすべて■になって表示されてるの」

文字化けして全く読めないそうです。

彼女の家のPC事情を聞きだしたところ、どうやらOSはwindows98でブラウザはIE。ちなみにPCは昔友人にもらったものだそうです。たぶんそれは何とかすれば見れるようになると思うのですが、いかかでしょうか相馬くん。

adieuがはじまる: 渡辺さん家の事情/笠木泉

「OSはwindows98でブラウザはIE」というのがまた漠然とした情報だけどしょうがない。言及されている「このブログ」というのは Blogger を使って作られたサイト。一方にいわば〈最新鋭の〉サイトがあって、もう一方には古いOSとブラウザがある。文字が〈全滅〉しているらしいことから、予想されるのはおそらくUnicode (UTF-8) 絡みの現象だろうということで、使用しているブラウザがこの比較的新しい文字コードに対応できていないか、それに絡んだバグがあるかするのではないかとまずは想像する。

試しに Blogger でアカウントを作ってその管理画面(ダッシュボード)を覗いてみると、文字コードはあらかじめ「UTF-8」に固定されているようで、出力エンコードを変更できるような設定箇所は見当たらない(「エンコード設定とは何ですか」というヘルプ記事があるからには少なくとも以前は設定できたとおぼしいが、ベータ版から正式版になって機能が削られたか?)。まあ、仮に変更できるとしても、ブログサイトとして推奨されるべきは「UTF-8」だろうから、できれば変更したくはないところ。

... 続きあります »

世に言うclearing問題(直前のfloatだけをclearしたい)

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • February 6, 2007 10:14 PM
  • web

さて、上山君に質問をもらっていた件の、(私なりの)解答編。おさらいだが、質問は次のようなものだった。

4231のソースをテーブルからスタイルシートに書き換えているのですが、floatタグで英夫日記を左に寄せて、恭子日記を右に来るようにすると、恭子日記で写真がある後にclear:leftしたときに、次の行が英夫日記の下まで飛んでしまいます。

clearが一個上のfloatまでしか効かないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

まず最初に断っておかないといけないのは、ブラウザのこの「気の利かない」挙動(CSS解釈)はべつにバグなのではなくて、CSSの仕様に従った正しいものであるということ。「clear」は基本的に、それ以前にあるすべての「float」を解除する(ただしもちろん「clear: left」は「float: left」のみを、「clear: right」は「float: right」のみを解除する)。

じゃああきらめざるを得ないかというとそんなことはなく、いくつかの方法があるが、まずは上山君が実現したいと思われるレイアウトを、以下に単純化して図示しておこう。

... 続きあります »

ページ内リンク(ID)にするするっと移動する

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • October 24, 2006 4:36 PM
  • web

「続・ページ内リンク(ID)にするするっと移動する」のほうで改良版のスクリプトを紹介しています。そちらも参照ください。

きっかけとなった記事は「このページの先頭へ、をちょこっとおしゃれに」

ブログでもサイトでもよく見る「このページの先頭へ」のリンク。長~いページだとそのリンクで一瞬に先頭に行ってしまい、読んでいる人が混乱することもよくあります。
そこでご紹介したいのが「するするるーーー」と先頭まで戻ってくれるJavascript。このページの先頭へ、をちょこっとおしゃれに | S i M P L E * S i M P L E

これはいいと思った。視覚効果としての楽しさもそうだが、いわゆる「ページ内リンク」の弱点をカバーしてくれるという点で好ましく思われる。というのも、ページ内リンクというやつはときに「リンクの結果自分がいったいどこに飛ばされたのかわかりにくい」からだ(「このページの先頭へ」の場合にはあらかじめどこに行くかが意識されているはずだからそれほど問題ないと思うが、それ以外の場合に)。

ユーザたちは、リンクをたどるときの明確な思考モデルを形成済みで、それはいくつかの要素に分けることができる。

  1. リンクをクリックすることは、別の場所に移動する。
  2. クリックすると、前にみていたページは消える。
  3. 新しく読み込んだページはウィンドウに読み込まれ、前にみていたページと入れ代わる。
  4. まずは、新たに読み込んだページの最上部がみえる。
  5. 戻るボタンは、以前のページに戻る。

ほとんどのクリックがこのような動作をするため、ユーザたちは、ウェブがこのように機能するだろうという、強い期待値を持っている。論理的で、簡単な思考モデルだ。

ユーザたちの思考モデルの全 5 要素すべてにページ内リンクは反している。Alertbox: ページ内リンクの使用は避けよう(2006年2月21日)

とはいえ、(少なくとも作る側からすると)ページ内リンクにはページ内リンクの利点があり、そうそう簡単に手放せるものではなく、そこで前掲のギミックである。ページ内の移動の場合もともとウィンドウはスクロールしているわけだが、混乱のもとはそれが一瞬であるということだ。じっさいにスクロールしている様を見せることにより、別ページに飛んだのではなく、同じページ内を下に(あるいは上に)移動したのだとユーザーに意識させることができる。「スクロールのアニメーションに付き合う」と言っても、うっとうしいほどの時間をとられるわけではない(と私は思う)。

で、その JavaScript を導入してみようとよくよく記事を読んでみると、これは私の思っていたものとちょっと異なるのだった。まず第一にここで紹介されているスクリプトは「ページトップに戻る」場合に特化されていて、ページ内リンク一般に適用することができない。加えてわがままを言うなら、リンク部分に onclick イベントを追加しないといけないから、既存のページに適用するには手間が要る。

というわけで、ページ内リンク一般に対して適用可能なバージョンの紹介。ようやく本題。

... 続きあります »

Lightbox JS v2.0 と Flash

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • October 23, 2006 7:52 PM
  • web

web-conte.comでも画像の拡大表示時に使っている「Lightbox JS v2.0」。これ、ページ内にFlashが同居していると厄介なのである。自分のサイト(ここ)だとそもそもFlashを置いていないから気づきにくい問題なのだが、先日あるサイトを作っていてこのことに気づいた。Flashオブジェクトは z-indexなどの指定を無視し、基本的にドキュメントの最前面にあるように表示されてしまうため、Flashだけは背景に追いやられず、Lightboxで拡大表示させた画像のさらに手前に出てきてしまう。

このことの解決策はひとまずあって、たとえば「小粋空間: Lightbox JS でブログパーツ等の Flash を PNG 背景画像の下に隠す」などの解説が丁寧だ。要は、Flashを埋め込む際の記述のひとつに「背景を透過する」という命令にあたるものがあって、それを書き加えてやればいい。

<!-- object要素内に下記を追加 -->
<param name="wmode" value="transparent" />
<!-- embed要素に下記の属性を追加 -->
wmode="transparent"

ちなみに、ActiveXコントロールのアクティブ化問題のために、adobeから配布されている「AC_RunActiveContent.js」「AC_ActiveX.js」を利用して記述している場合には、

AC_FL_RunContent();
の引数の最後に、
'wmode','transparent'
を追加してやればいい。

AC_FL_RunContent( 'xxx','XXX','yyy','YYY', ... 'wmode','transparent'); //end AC code

で、この対応策で万事うまくいくのは Win IE。うまくいってくれないのが Safari である(中間な感じが Firefox)。本題はここから。

... 続きあります »

はやいなあ。──ブロガーライセンス発行

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • May 31, 2006 11:21 PM
  • web

ひとつ前の記事(「フレッシュリーダー試用中」)をアップ後、メールにて記事の掲載確認申請をしたのが16時すぎ。すると、「記事の掲載を確認させていただきましたので、下記の通りライセンスを発行させていただきます」のメールが早くも18時12分に来たのだった。はやいなあ。

フレッシュリーダー試用中

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • May 31, 2006 3:53 PM
  • web

060531_feed-icon.png

いいかげん書かなきゃな。

サーバインストール型のそれとして有名なRSSリーダー、フレッシュリーダーを利用してしばらくたつ。30日の試用期間を過ぎて、もう一週間ぐらいだろうか。いまは「デモライセンスキー」(ブロガーライセンスを申し込んだ者に対して、個人での試用目的にかぎって発行される)で利用している状態。

そう、これには「ブロガーライセンス」というライセンス形態があり、(少なくともいまのところ)それは無料なのだ。

むろん自身でブログ(/ホームページ)を開設していることが条件のひとつだが、それに加えて、フレッシュリーダーを利用していることをブログ(/ホームページ)上で告知しなければならない──ブログならば、こうして、こうした記事を書くということである。

... 続きあります »

Firefox の CM

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • April 28, 2006 5:27 PM
  • clip web

「Firefox用のCMを作る」ことを目的としたFirefox Flicksの入賞作品が4月27日に決定した。応募された短編動画は300本近くとなり、グランプリを獲得した「Daredevil」は、2006年の Mozillaマーケティングキャンペーンで使われることになる。ITmedia News:FirefoxのCMコンテスト、グランプリ作品決まる

2位の「Wheee!」のくだらなさが好きだ。Safari のアイコンが口で磁針を吹くあたりには作りの丁寧さも感じる。ユーザーの投票数では1位だったらしいし、コミュニティーの「気分」としてはこうしたところなのだろうなあ。よくわかる。でもまあ、大人の判断としては「なし」か。

グランプリ作品「Daredevil」(「むこうみずな」の意)はそれにひきかえ、きれいで健康的で「いまどき」だ。そりゃあ大人の判断としてはこっちだろうよ。「my other browser is a surf(私が使うもうひとつのブラウザはサーフボードよ)」というコピーは、個人的にぐっとくるものだった。

ちなみに同作品に寄せられたコメントのひとつによれば、「my other car is a surf board」というコピーのクルマのCMがあるらしく、そのもじりだからオリジナリティの面で難があるんじゃないの?と指摘されている。よく知らないが、検索してみると「my other car is ...」という言い回しが流行っているようでもある

短い文章かあ

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • April 6, 2006 6:33 AM
  • web

プロトさんの「じゃあいいよもうブログで」で取り上げられていた。

課題
さて、「文を短くする」を実践してみよう。

お皿ひとつひとつに、それぞれ、ハムや卵や、パセリや、キャベツ、ほうれんそう、お台所に残って在るもの一切合切、いろとりどりに、美しく配合させて、手際よく並べて出すのであって、手数は要らず、経済だし、ちっとも、おいしくはないけれども、でも食卓は、ずいぶん賑やかに華麗になって、何だか、たいへん贅沢な御馳走のように見えるのだ。

長い文だ。160文字もある。
さて、次回までの課題。
センテンスを分けて、読みやすくしてみよう。ブログ文章術 米光一成|Excite エキサイト ブックス : 一文を短くって言うけどさ1

「ブログ文章術」というこの連載はわりと有名なはずだが、その最新記事は「一文を短くっていうけどさ1」と題したもの。ブログにかぎらず、一般にどの文章術でもよいとされる「一文を短く書く」ことについて扱っている。(「ブログ文章術」として最終的にその「一文を短く書く」ことを是とするのかどうかは次回以降を読まないとわからないが。)

プロトさんが取り上げているのが、コラムの最後に出てくる前掲の「課題」で、プロトさんにかぎらず、この「課題」を「大喜利のお題(=ネタ振り)」と捉えた多くのブロガーがこれに参加し、課題に回答するかたちでエントリーを書いている(詳しくはこちらなど)。おそらく私はかなり出遅れた組に入るだろう。

... 続きあります »

Mozilla Amazon Browser

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • January 27, 2006 11:38 AM
  • web

欧州市場では全体で20%のシェアを獲得したという「Firefox」だが──ただしこれは、家庭ユーザーの割合がもっとも高い日曜日に調査された数字で、留保が必要らしいが──、こちらはその Firefox(か、または Mozilla)でだけ見ることができるページの話。

今ひとつ使いにくいアマゾンの検索を、こんな風にすっきりとまとめたサイトがこちら医学都市伝説: アマゾンサーチ

と紹介する「医学都市伝説」経由で知ったが、それにしてもアマゾンの検索画面が「今ひとつ使いにくい」という意見はちょっと目から鱗だ。もはや一時代を築いてしまったその現象面(購買行動の面)での便利さを前に、欲望が遮断されていたとでも言おうか、あれはもうああしたものだとしか考えなかった。

... 続きあります »

なぜみんな角丸が好きなのか?

  • Posted by: SOMA Hitoshi
  • December 10, 2005 1:58 AM
  • web

タイトルに惹かれ、「Why Do We Love Rounded Corners?」というこの記事を訳してみた。何が書いてあるのかと思って。われながら、あまりいい訳とも思えないけれど。

... 続きあります »

PAGE [ 1  /  2  /  3  /  4  /  5  / ALL ]