10
Oct.
2007
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 11 Oct. 2007 (Thu.) 「〈総理大臣といえば中曾根〉世代」

これが大平正芳・第68、69代内閣総理大臣。こころなしか恭子ちゃんに似ていなくもない。あ、そういえば恭子ちゃんの顔は「Red」のこのページで見られる(いっしょに写っているのが上山君)。

実家にあったのはこれ。

たしかこれもあったと思う。

「句会」(以前の日記のうちのこのあたりを参照ください)にもっていく句のうち、「病」をテーマとしたものはできた。できたというか、ま、これでいいだろう。そして「秋」と「朝食」はもう少しちゃんと考えようと思う。
大阪府茨木市にある小さな喫茶店にスペースを借り、はじめての個展(お近くの方、ぜひどうぞ)を開いている知り合いの(上山)恭子ちゃんについて、きのう、その個展を宣伝するついでに、

「web-conte.comを見て来た」と言ってもらえれば、もれなく恭子ちゃんが大平首相のものまねをしてくれます。しかも「あーうー」は封印して顔まねで勝負です。

と適当なことを書いたら、案の定、律儀なコメントを寄せる恭子ちゃんだ。

ありがとうございます。
大平首相のことはよく知らないので、調べておきます。

 そうだろうな、きっと知らないだろうなとは思いつつ書いていた。だいたい、書いている私自身が「総理大臣といえば中曾根」世代であって、その手前の福田〜大平〜鈴木といったあたりはほとんど記憶になく、さらに恭子ちゃんはたしか私の2コ下である。「あーうー」は封印して、と言われても困るだろうと思う。
私がたまたま「あーうー」を知っているのは、いしいひさいちの漫画をとおしてである。たぶん『がんばれ!!タブチくん!!』だったはずだ。あれはふたりの兄(10コ上と7ツ上)のどちらの買い物だったのだろうか、実家に単行本があり、それを子どものころに読んだ。政治ネタの四コマもそのなかに収められていたんだと思うが、デフォルメされた大平首相はただひたすら「あーうー」言っていた。福田(赳夫)はなんだっけかなあ、「は、ひゃ、ふぁ」とか言っていた気がする。
まったく関係ないが、13日は俳優・熊谷知彦さんの復帰第一弾となる一人芝居の舞台『洋楽コトハジメ』を観に行く予定にしている。楽しみである。
えー、今日はちょっと短いけどこのへんで。

本日の参照画像
(2007年10月12日 16:08)

関連記事

トラックバック(1)

このエントリーのトラックバックURL:
http://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/277

以下のリストにある記事は、当記事 " 〈総理大臣といえば中曾根〉世代 " を参照しています :

 先日「Yellow」のほうに「〈総理大臣といえば中曾根〉世代」を書き、といって日記の中身はそれほどそのタイトルに関係していないのだったが、ものはついでと...

2007年10月13日 22:36