6
Jun.
2008
Yellow

最近のコメント

リンク

/ 9 Jun. 2008 (Mon.) 「一本の道もローマから」

タイトルについてはよくわからない。
夜、アデュー第2回公演『125日間彷徨』を観る。感想はまたあとで。
観終わって帰宅すると、妻は『坊っちゃん』も『うらなり』も読み終えていた(石原千秋先生の論考「『坊つちやん』の山の手」も読んだらしいが、むずかしくてよくわからなかったとのこと)
というわけで、「映画で学ぶ日本の歴史シリーズ」第2弾は『魔界転生』(深作欣二監督、1981年)である。まったく、なにひとつ、勉強にならない。

(2008年6月10日 20:48)

関連記事

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
https://web-conte.com/blue/mt-tb.cgi/346